女性が意識したいインターンのスーツ着こなしポイント4つ

1705_1_182(1)

インターンで着るスーツは、そのまま就職試験や入社後も着用することになることが多いため、TPOに合わせたスーツを選びたいものです。女性のスーツも男性と同様に、黒無地のリクルートスーツが基本ですが、パンツスーツとスカートスーツのどちらがいいか、ブラウスはどのようなタイプがいいか、そして寒い秋冬はどういった格好をするべきか…などと悩む人も多いでしょう。そこで今回は、インターンを控えた女性に意識してもらいたいスーツのポイントを4つご紹介します。

華やかさをアピールできるスカートスーツは座ったときの丈に注意

1705_1_182(3)

女性のスーツには、スカートタイプとパンツタイプの2種類あります。まず、スカートスーツは女性だけ着ることができるものなので、女性らしい華やかさを演出するのにぴったりです。
スカートスーツを選ぶときに気をつけたいポイントは、座ったときのスカート丈の長さです。スカートを試着する際は立ったまま行うことが多いので、立った状態のスカート丈に注意がいってしまいがちですが、インターンでは企業からの説明を聞くときやデスクワークをするときなど、座っているシーンも意外と多いので、座ったときの丈も注意しましょう。丈の目安は、椅子に座ったときに裾が膝上10センチ以内に収まること。座ったときでも脚が露出してしまうのはビジネスマナーとしてNGなので、試着のときにしっかり確認しましょう。また裾幅が広すぎない点やスリットが深くない点も意識しましょう。

アクティブに見えるパンツスーツはサイズ感を意識して

次はパンツスーツについてです。パンツスーツは動きやすいだけでなく、スカートスーツと比べてアクティブな印象を与えるので、外回りや打ち合わせが多い職種でインターンをする人や就職活動したい女性におすすめです。
パンツスーツの選び方のポイントとしては、パンツが体にフィットしていることが挙げられます。ファッションではスキニータイプやワイドパンツなどと、パンツの太さに種類がありますが、スーツの場合はあまりに細身だったり、反対に大きすぎるサイズのものだったりするのはよくありません。スーツ専門店の店員さんに相談しながら、体に程よくフィットしたものを選びましょう。そのほかには、しゃがんだときにウエストから下着が見えないよう股上の深さにも気をつけることや、パンツ丈は立ったときにヒールが隠れすぎないくらいの丈に調節することも覚えておきましょう。

ブラウスは種類・色で印象が大きく違う

スーツと同じくらい意識して選びたいのがワイシャツです。スーツに隠れてしまうことが多いですが、ワイシャツにも種類や色のバリエーションがありますし、印象も大きく変わるのでしっかり選びましょう。ワイシャツには、第一ボタンまでしっかり閉める「レギュラータイプ」と、襟をジャケットの外側に出す「スキッパータイプ」があります。レギュラータイプは上品な印象を与えるので、業界を問わず使うことができ、スキッパータイプは首がすっきりし、顔も明るく見える効果があります。なかにはブラウスではなくカットソータイプもありますが、こちらはアパレルやブライダル業界のインターンや採用試験用で選ばれることが多い傾向にあります。シャツの色はオーソドックスな白のほか、薄いピンクや青などがあるので、自分の好きな色や顔色がよく見える色を選ぶとよいでしょう。また、シャツは体にフィットしすぎてしまうと下着のラインが見えてしまう可能性があるので、女性は胴回りや背中に少しゆとりのあるタイプを選びましょう。

秋冬のインターンはこうして防寒対策!

意外と見落としがちなのが、秋冬のインターンに参加する際の格好です。特にスカートスーツだと足元が寒くなってしまうので、ブーツを履いたり、ダウンジャケットを着たりして防寒対策をとってしまいがちですが、いずれもビジネスシーンには適していません。
冷え性や寒い地域に住んでいる方は、厚手の冬素材スーツを1着用意するのもいいでしょう。ただし、スーツを新調するにはお金もかかってしまうので、ストッキングを重ね履きしたり、防寒機能のある下着を着用したりするのもいいですね。パンツスーツであれば九分丈のレギンスを履いて防寒できるので、冷え性の方にはおすすめです。もし雪が多い地域でのインターンをする際など、どうしてもパンプスで行くのが難しいときは、途中まで、もしくは企業までブーツ・長靴で向かい、途中でパンプスに履き替えるという方法もあります。その際はブーツを入れる袋を持参するか、コインロッカーに預けましょう。
おすすめのアウターは、ライナー付きのトレンチコートとウールコートです。ライナー付きのトレンチコートは、インナーを外せば春先も着ることもでき、長く愛用することができます。素材は撥水加工のあるナイロン系だと、雨や雪でも汚れる心配がありません。ウールコートは保温性に優れており、厳しい冬でも大丈夫です。黒や紺、グレーといった落ち着いた色味のものを選びましょう。

意見に左右されずTPOを意識した着こなしを

1705_1_182(2)

インターンはどのような格好をするべきか悩む人は多いでしょう。巷では、「女性はスカートスーツを選ぶべき」「カラーシャツは選ぶべきではない」などといった意見もありますが、一番重要なのは、いかにスーツを正しく着こなしているかですから、そういった意見は気にすることなく、TPOを意識した社会人らしい格好を意識しましょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、20…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る