就活中の新卒者にとってお得!説明会に参加する際の交通費支給とは

1705_1_164(3)

就活中に会社説明会などに顔を出す際、かかる費用に交通費があります。近距離のバスや電車、あるいは飛行機や新幹線を利用した長距離の交通手段を利用しての移動で説明会参加を続けていれば、支払う交通費も決して安い金額にはなりません。しかし、説明会や面接、インターンなどに参加する際、交通費を支給してくれる企業もあります。そこで、説明会の際に支給される交通費、そしてその交通費を支給されるための方法などについて紹介します。

すべての企業が交通費支給してくれるわけではない!

まだ社会人として働いていない新卒予定の学生にとっては、就活中に説明会などに顔を出す際、数千円、あるいは数万もかかってしまう交通費は苦しい出費になります。そんな就活中の方々の懐事情を配慮して、交通費を全額出してくれる企業があります。
しかし「説明会参加の際、交通費支給」という情報だけを鵜呑みにしてはいけません。すべての企業が交通費支給の制度を行っているわけではなく、説明会を受ける方の交通費は自己負担、あるいは金額に上限を設定して交通費を支給している企業などがあります。なかには、地方から説明会を受ける参加者のために交通費全額だけでなく、宿泊費まで支給してくれる企業もありますが、すべての企業がそのようなことを行っているわけではありません。ですから説明会を受ける際は、交通費支給を前提と考えずに事前に交通費が出るのか出ないのかを調べる必要があります。

なぜ企業は交通費を支給するのか?

財布

説明会や面接、インターンでの参加の際、参加をした方々の全員に交通費支給を行うことは企業にとっても決して安くはない出費となります。そして、就活中で説明会を受けた方のすべてがその企業の面接を受けるわけではありません。ある意味無駄な出費にもなる交通費支給を、なぜ企業は行うのでしょうか。
それは優秀な人材を採用する可能性を高くするためです。新卒の方が「この企業で働いてみたい、でも説明会や面接で行くのは遠すぎて交通費がかかる」と説明会の参加をあきらめてしまうケースは少なくありません。そのような理由で優秀な人材を確保するチャンスがありながら、その人材が説明会さえ参加せずに終わってしまうのは、企業にとってはチャンスロスと言うもの。少しでも多くの就活を行う方々と接して、少しでも優秀な人材を発掘したいという思いから、企業側は交通費支給の制度を行っているのです。

マイカーでの移動は支給対象外?交通費支給の条件とは

企業から交通費を支給してもらうためには、条件があります。それは原則的に電車、バス、高速バス、飛行機、新幹線などの公共交通機関を利用した場合です。よってタクシー、自分が所有している、あるいはレンタカーなどの車での移動で説明会会場に向かった場合、タクシー代や車にかかったガゾリン代、高速道路料金などは支給の対象とはなりません。
公共交通機関の利用は決して安くない金額になりますが、支給される企業なら遠慮せずに交通費を請求しましょう。
地方から上京して1日に複数の企業説明会を受ける場合は、高速バスでの長時間移動により疲れが溜まった状態では、満足に説明会を受けることができないので、万全のコンディションで説明会を受けられるように飛行機や新幹線の利用を考えましょう。

水増しはすぐばれる!交通費支給を受ける手順

新卒者が説明会にかかった交通費を支給してもらう方法は、企業が指定した請求書に交通費の金額を記入して請求する方法、または企業によっては領収書の提出を指示する場合もあるので、領収書を用意し提出する方法があります。領収書は電車などの切符を購入する際、券売機に領収書発行のためのボタンがあるので、それを押して入手する、または駅員にお願いしてもらう方法があります。領収書の宛名は説明会を行う企業名です。
領収書の提出を条件としてない企業の場合、実際の交通費以上に出費がかかったと水増しする新卒者もいますが、インターネットであらゆる交通手段の費用がわかるので、そのような行為は絶対にやめて正直に交通費を申告するようにしましょう。そして、実際に交通費を支給してもらうときには、受領印を押さなくてはいけないので、印鑑の用意も必要になります。交通費を支給してもらった後日、企業へメール、または人事担当者に直接会ったときにお礼を言うことも忘れてはいけません。

就活はお金もかかる!新卒者の出費の助け船になる企業の交通費支給

1705_1_164(1)

新卒者が内定を取ることは決して安易ではない時代です。一つの内定を取るためにあらゆる場所に顔を出していると、当然そのための移動手段として費用もかかります。まだ社会人として安定した収入を得ていない就活中の学生にとっては、交通費の出費が内定が取れない以前に悩みの種となって目の前にあらわれます。そんな就活中の方にとって助け船となるのが企業からの交通費支給です。しかし、全ての企業がその制度を採用しているわけではないので、企業からの支給だけをあてにはしないで、就活中はある程度のお金を用意する努力もしましょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る