インターンシップで交通費をやりくりする方法とは

1705_1_184(2)

インターンシップを受けるときの条件に、交通費についての記載を確認した人もいるでしょう。企業によっては、交通費に上限を設けているところもあり、実際にかかった交通費が全額支払われないこともあります。学生などの立場によっては、交通費がかさむと金銭的に余裕がなくなってしまう人も少なくないでしょう。しかし、交通費に上限があるのには企業側の理由もあるのです。交通費の問題をうまく解決しながらインターンシップを行うには、どのような方法があるのでしょうか。

インターンシップではなぜ交通費に上限があるのか

1705_1_184(1)

インターンシップは、企業側が自社で採用する人材を探すことが目的として行っている採用活動の一種です。特に長期型インターンシップでは、学生に企業で働いてもらい自社に欲しい人材かを見極めます。もちろん働いた分の報酬は支払われますし、企業によって交通費も支給されます。しかし、なかには交通費は全額負担されず、1日の上限を1,000円と決めてある場合や定期区間を除いた分のみの交通費を支給といった条件を出す企業も少なくありません。交通費に条件がある理由として、都内で遠方からの通勤や利用沿線の運賃が高いなど、相当な理由がない限り上限を超えることがないと仮定している場合や、学生なので定期を持っている可能性を考慮して条件を出している場合があるのです。一概に企業側が交通費を削減しているわけでは無いことも理解しましょう。

交通費は必ず出るものなのか

インターンシップに参加した場合、必ず交通費はでるものなのでしょうか。交通費の支給に関しては各企業の考え方に依存します。たとえば、交通費を報酬内に含める形をとっている企業もありますし、全額交通費を支給する企業もあります。企業側も就活生からの目線を気にする面もあるので、さまざまな形で交通費の支給を行っているのです。全額交通費の支給を行う企業は、全国から優秀な人材を集めたいので交通費を負担してまで人員を募集したいと考えています。実際、インターンシップの交通費の枠を解除することで広い範囲から優秀な人材を集めることができますし、自社で働いてもらうことで企業と就活生のミスマッチを減らすことや余計な求人で経費をかけるリスクを減らすことができるのです。しかし、なかには交通費が全く出ない企業もありますので、募集内容を確認したうえで交通費について企業側に問い合わせをすることも大切です。

交通費にとらわれ過ぎない姿勢も大切

経費の面を考えれば、交通費が出たほうが良いでしょう。しかし、自分が行きたい企業が必ずしも交通費を全額出してくれるわけではありません。その場合は、交通費や報酬にとらわれずに自分でお金を捻出してインターンシップに参加することも考えたほうが良いでしょう。企業によっては、単純に報酬を出せないところも無くはないでしょう。しかし、そういう境遇でも優秀な人材に来てほしいと考えている企業は少なくありません。できる限りの待遇をしても、大企業など資本がある企業にかなわないところも多いのです。もし魅力的な会社を絞り込めており、その企業がインターンシップを行っているのならば、交通費や報酬の条件にとらわれずに参加してみましょう。実際に働いてみて、自分にとって企業が合っているかを確認することはとても大切です。

リモートインターンという選択

交通費などの費用を捻出するのが難しい学生のために、リモートインターンという制度があります。リモートインターンはパソコンがあれば、通信環境がある場所で作業ができるインターンシップです。これに対して、企業に行くインターンをローカルインターンシップといいます。リモートインターンシップは通信環境があれば、たとえ企業から遠方にいる就活生でもインターンシップを受けることが可能であり、忙しい人やなかなかオフィスにいけない学生などにはおすすめのインターンシップなのです。主に自宅などからインターンシップに参加できるので、交通費などの概念もありません。また、通勤時間もかからないので、自由に使える時間や仕事にかける時間を増やせるのもメリットとして大きいでしょう。

自分の目的に応じてインターンシップをしよう

1705_1_200 (2)

インターンシップなどの就職活動には、交通費などの費用は必ず考慮に入れなければいけない要素です。しかし、自分がインターンシップを受けるにあたり、何に重きを置いて参加をするのか考えをまとめると、インターンシップをする意味が向上するはずです。もし交通費を支給してもらいたい場合は、一度企業側に相談を持ち掛けるのも良いでしょう。しかし、自分にとって有益なインターンシップと判断できるなら、交通費にとらわれずに参加するのも良いでしょう。自分の目的をしっかりと持ち、充実したインターンシップになるよう挑んでいきましょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る