インターン参加の交通費は定期を利用するのもアリ?

1705_1_200 (2)

インターンの時には、通う場所や期間によっては交通費もそれなりの出費になることは免れません。企業によっては負担してくれるところもありますが、自己負担の場合もあります。交通費を節約する方法として定期の利用を考えてみましょう。企業が負担してくれる場合でも、常識的な通勤手段であることが前提です。また、交通費を申請する時には領収書が必要な場合もあります。定期など交通費を安く抑える方法や領収書の注意点などを説明します。

インターンの交通費は自己負担?

インターン参加のときの交通費は自己負担の企業も見られますが、全体的には支給してくれるところが増えています。交通費に関してはインターンの応募要項に記載されていることが多いので、応募の際にチェックしておきましょう。特に記載がない企業は負担してくれる可能性は低くなりますが、その場合は確認しても問題はありません。社会人になれば不明点は自分で確認して進めていくことも仕事のうちです。特に普段から質問が苦手な人は、細かいところから経験していくといいでしょう。お金に関わることは言いにくいという人がいますが、大切なことです。全額支給の場合でも上限はもちろん決められています。超過した部分は自己負担になるのが一般的です。

利用する交通手段は何でもいいの?

1705_1_200 (3)

インターンで通う交通手段は、公共交通機関を利用することになります。交通費は公共交通機関の料金に応じて支給されます。自家用車を使用した場合のガソリン代や駐車料金、またはタクシー代などは支給されないと考えておくべきです。新幹線の利用やグリーン車などの使用も、インターン参加で考えれば常識的とは言えません。ただし、インターン先の立地条件や企業の考え方にもよるので、公共交通機関で通うのが難しい場合や疑問点があれば相談や確認をしましょう。交通費の支給限度額の設定が高い場合でも、限度額分をきっちり使っていいというわけではありません。あくまでも通常の通勤として常識的な判断をしましょう。

交通費が支給される時の注意点は?

交通費が支給される場合は、領収書をもらって提出するのが一般的です。仕事上かかるものに関しては経費として扱われます。企業側で説明されたらそれに従って提出しましょう。交通費の領収書は、電車の場合は切符を購入したときに券売機で領収書ボタンを押せば発行されます。ただし、券売機の領収書は宛名が入らないので、宛名が必要なときには窓口で購入しましょう。宛名を入れてもらう場合は、正式名称でないと経費として計上されないので注意が必要です。バスの場合は乗車の度に領収書が出るということがないので、回数券を購入すると領収書を発行してもらえます。公共交通機関は地域によって細かい部分が異なりますので、不明なところは窓口で聞いてみましょう。

通勤定期券を使ってみよう

1705_1_200 (1)

長期のインターンの場合は、定期を購入するのもいいでしょう。通う頻度によるものの、その都度切符を買うよりも割安になる場合があります。企業に交通費として申請するのに領収書の提出が必要なときも、定期を購入すれば領収書が何枚にもなるということがありません。学割で購入する方法もありますが、通勤定期を購入するのもおすすめです。通勤定期といっても通勤だけに限定されているわけではないので、一定区間に通う必要がある人なら購入することができます。ネットからも申し込みができ、券売機で受け取れるので簡単です。通学定期より割引率は低くなりますが、学割証のように特に提示する書類を必要としない手軽さがあります。購入方法は地域で異なるので、窓口販売かどうか確認が必要です。

インターンの期間に応じて考えよう

長期インターンの交通費は、どれくらいの期間になるか、週にどれくらいかで検討しましょう。公共機関の使用頻度によっては定期では逆に損をすることがあります。また、交通費支給の場合は、割引で購入しているのに標準の金額で企業に申請することはしてはいけません。領収書や規定の書類で正確に申請しましょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る