インターンシップに応募するときの自己prは知恵袋でヒントを得るのも良い?

1705_1_32 (2)

インターンシップの応募は志望動機が難しいという声は多いですが、自己prも悩むやすい課題でしょう。自分のことをprするわけですから、改まって自己分析する必要があります。しかし、それでも先方に届く内容かどうか判断に困ることは多いものです。誰かに見てもらいたい時にはネットを活用する方法があります。知らない人の方が冷静で的確に見てくれるからです。質問形式で利用出来る「知恵袋」や、その他にもヒントになりそうなサイトの活用方法を紹介しましょう。

はじめに自己prの目的を考えてみよう

1705_1_32 (3)

そもそも自己prの目的とはなんでしょう。自己prは、採用担当者にとって会社に合った人材かどうかを判断する材料のひとつです。そのため、企業が求める人物像に沿った部分をprすることがポイントになります。ここがずれていると、どんなに内容に厚みを持たせても、企業が求めている人材という印象を与えることはできません。インターンシップでも同じです。自己prを書く前に、まず企業が求める人物像はどのようなものかを分析しましょう。募集要項に書かれていることはありますが、それだけでは足りません。企業のwebサイトには活躍中の社員のメッセージなどが掲載されている場合があるので、参考にするのもいいでしょう。

自己prも大切なのは具体性

インターンシップは企業の業務を体験することが目的ですが、だからといって軽いものではいけません。自己prの内容は具体性が必要です。企業に向いていると感じる自分の強みを始めに置き、それがどんなことにどのような良い結果をもたらせたかと言う経験を、分かりやすく例を挙げて説明します。そして業務にもそれを生かしたいという流れで締めると採用担当者に伝わりやすくなります。気をつけたいのは、ダラダラとした長文になってしまわないことです。自分にはこういう強みがあり、それが過去にこのようなことに役立ったから御社の業務でも役立てたい、といった流れでまとめると分かりやすくなります。

知恵袋で自己prをチェックしてもらえる?

自己prを書いたら、できれば第三者に見てもらうようにしましょう。しかし、友人や家族など身近な人の場合は的確な意見が出にくい心配があります。そこで活用したいのが、ネットの質問サイトです。例えば「知恵袋」のような自由に質問を投げておける掲示板を利用すれば、自分の自己prを添削してもらえます。不特定多数の人が自由に登録して参加しているサイトなので、必ず書いてもらえるというわけではありません。しかし、かなりの確率でアドバイスをもらえます。実際に活用している人は多いので、インターンシップの応募までに時間がないという時でも見てもらえる可能性は高いのです。自己prがこれでいいか自信がない、誰かの意見が欲しいという場合は「知恵袋」を利用してみましょう。

内定をもらえた人の自己prを参考にする

「知恵袋」以外にも、ネット上には活用できるサイトがいろいろあります。お役立ちコラムを多数掲載しているこのサイトもそのひとつです。ネットにいろいろ見られる応募に関する書類の書き方や、自己prの例文などを参考にするのもいいでしょう。実際に企業に内定が決まった人がアップしているサイトなら、大きなヒントになるのではないでしょうか。内定が決まった人の志望動機や自己prを見ていくと、共通しているのは内容に具体性があることです。読めば納得しやすいものが多く、説得力があります。その他にも個人のブログや掲示板など、自分が希望している企業を受けた人の経験談や、採用になった人の体験が掲載されているサイトを参考にしてみましょう。

自己prにネットを活用してみる

1705_1_32 (1)

自己prは企業が求める人物像に該当または近い強みを最初に掲げ、それがどう役に立ったか、そして企業に役立たせたいかを書きましょう。文章に迷った場合は「知恵袋」のようなサイトを活用してまとめていくのもひとつの手段です。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る