新卒の就活で欠かせない業界研究!ポイントを徹底解説

1705_1_176(1)

就職先の候補の企業について、しっかり調査を行う新卒はたくさんいます。しかし、そのような新卒であっても、業界に関する知識は不足しているケースが少なくありません。新卒が就活で失敗しないようにするには、広い視野を持つことが大切です。業界のことを十分把握できていると、就活を円滑に進めやすいですし、就職後にミスマッチを感じるのも防ぎやすいです。そこで今回は、新卒が業界研究を行う際のポイントについて解説します。

俯瞰的な視点で業界研究を始めよう!

就職は今後の人生に非常に大きな影響を与えます。それにも関わらず、就職先の企業を少ない選択肢の中から決めてしまうケースが少なくありません。その大きな原因として、知っている業界の範囲が狭いことが挙げられます。最初はその範囲を広げることから始めましょう。まず複数の業界について網羅的に調査を行います。できるだけ多くの業界の情報を幅広く集めることが大切です。それによって、自分には多くの選択肢があることを認識できるからです。それが終わったら、特に興味のある業界にスポットラインを当てて研究を行うと良いでしょう。企業単位で絞り込んで詳細な研究を行うのは最後の段階です。このように俯瞰的な視点で研究を始めることがポイントです。

業界研究を進めるときのポイントは多角的な視点!

業界研究が重要であると分かっても、具体的な方法が分からない人もいるでしょう。さまざまな手段を活用しながら、多角的に進めるのが基本です。そうすることで見落としを少なくできます。就職情報サイトは多くの情報を得られるので利用しない手はありません。業界の中には専門性が高いものもありますが、新卒でも分かるように書かれているケースが多いです。業界ごとに特集のページが設けられていたり、業界に関するセミナーが告知されていることもあります。ニュースや新聞も業界に関する情報を入手するのに利用できます。鮮度が高い情報が提供されており、専門家による見通しや分析結果などを知ることも可能です。その他にも、業界に関する書籍や雑誌にも目を通しておきましょう。

市場規模のチェックが重要!将来に注目

業界研究には多くのポイントがありますが、市場規模の把握はその代表といえます。就活をしている時点の市場規模に目を奪われがちですが、大切なのは将来です。一般的に就職すると、その業界で長く働くことになります。今後市場がどのように変化していくのかを知っていれば、就職先として問題がない業界かどうかを判断しやすいです。ただし将来的な市場規模が大きいからといって、必ずしも安心できません。一部の企業がシェアを広げていくと予想される業界の場合、他の企業に就職しても淘汰されてしまう恐れがあります。運が悪いと入社した年に、その業界から撤退してしまうケースもあるでしょう。そのような事態を避けるには、情報を入手するだけでなく、自分自身で予測する姿勢も大切です。

成長できそうな業界か調べることも大切!

就職先という観点で業界を見る場合は、どのような人たちが働いてるのかを調べることも大切です。平均勤続年数や平均年齢を調べておいた方が良いです。平均勤続年数が短い場合は、若手が辞めやすい業界である傾向があります。保守的で若手を育成する風土がないかもしれません。平均年齢が高い場合は、採用活動のメインは中途採用である可能性があります。新卒採用より中途採用のほうが多いと平均年齢は高くなっていくからです。そのような業界を選ぶのは基本的には避けるのが無難です。ただ離職理由の傾向を調べると、そうとは言い切れない場合もあります。たとえば独立するために辞める人が多い業界の場合、平均勤続年数が少なくても成長しやすい風土があるといえます。

業界研究で自分の可能性を広げよう!

1705_1_176(2)

新卒が就活を行う場合、業界に関する知識を有していることが非常に大切です。今回紹介したポイントに気をつけて、ぜひ業界研究に取り組んでみてはいかがでしょうか。就活中は興味のある業界に固執してしまいがちですが、好奇心を意識的に広げてみましょう。新しく興味を持った業界があれば、芋づる式に関連する業界を調べていくのがおすすめです。その結果として、予想もしていなかった業界で、適性のある職業を見つけられるかもしれません。就活では、自分自身の可能性を制限してしまわないことが重要です。可能性を最大限に広げたいと思うなら、多くの業界に精通しているジョブコミットのような企業が提供するサービスを活用すると良いでしょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る