第二新卒の就活ノウハウ!入社する時期など注意するポイントを徹底解説!

1705_1_171(1)

転職市場で需要が高まりつつある第二新卒。なぜ企業は第二新卒を欲しがるのでしょうか。第二新卒という言葉をよく耳にするかもしれませんが、その定義をしっかりと理解できているでしょうか。新卒、既卒との違いをまずはしっかりと理解しましょう。第二新卒は就活する時期、入社のタイミングも十分に検討する必要があります。第二新卒には強みがありますが、注意すべきポイントもいくつかあります。第二新卒がスムーズに就活するための情報を今回はご紹介します。

第二新卒ってなに?新卒・既卒とは何が違う?

最初に第二新卒の定義について説明します。第二新卒とは学校を卒業してから3年未満の人材で、かつ社会経験のある方を指すことが多いです。大学の卒業者であれば25歳前後の人が該当することになるでしょう。第二新卒は新卒に近い存在ではありますが、社会人経験がある点が大きく異なるポイントです。大学を卒業後、就職をした経験がない場合は「既卒」と表現され、「第二新卒」とは区分されることがあるので、覚えておきましょう。第二新卒の定義は募集する企業によってまちまちですので、選考を受ける際には、募集要項をしっかりとチェックするようにしてください。自分では第二新卒だと思っていても、その企業の定義からは外れていることもあり得ます。

第二新卒を企業が採用してくれる理由をしっかり理解しよう!

景気が回復するにつれ、新卒採用の競争は激しくなってきています。優秀な学生を予定数、確保することが困難になっている企業も多いです。そんな中、需要が高まりつつあるのが第二新卒です。第二新卒は新卒とは違い、社会人経験があるため基本的なビジネスマナー等は既に身につけています。つまり育成のコストや手間が新卒に比べて軽くなるメリットがあると企業は考えているのです。転職は本来、ある程度のスキルや経験がなければ難しいものですが、第二新卒であれば、それらのハードルが低くなる傾向があります。年齢が若い分、重視されるのは「意欲」、「柔軟性」、「人柄」です。第二新卒であれば未経験の業界にも挑戦しやすいチャンスがあるといえるでしょう。

就活する時期は何月が良い?キーワードは「決算期」

1705_1_171(2)

第二新卒に対する採用が行われる時期はいつになるのでしょうか。企業によっては1年中採用を行っていることもありますが、一番多いのは1~3月頃です。その中でも特に多いのは3月といわれています。ほとんどの企業は3月の末を決算期にしています。そのため1月~2月は決算作業により多忙になりますので、それが落ち着く3月頃に採用がどっと増えることになります。1~3月採用の4月入社が一番多い、ということを頭の片隅においておくようにしましょう。7月から9月も比較的採用が多い時期です。3月を決算期としている企業は、4月~9月が上半期になりますので、10月から下半期です。つまり10月は一段落つく時期ですので、それにあわせて前々月、前月あたりから採用が増えるのです。

第二新卒が入社すべきベストなタイミングを検討しよう

4月入社と10月入社が多い件は前述しましたが、第二新卒としてはどちらのタイミングで入社するのがよいのでしょうか。4月の場合は新卒と同時期に入社することになりますので、新卒向けに行われる充実した研修を一緒に受けることができます。また年齢の近い新卒と同期になることができるため、人間関係の構築がしやすいメリットもあります。10月の場合も、中途採用として同期入社する人は多いですが、新卒はいないことが多いので、同期の年齢層はバラバラになる可能性が高いです。しかし、年齢層が異なる分、それだけバラエティに富んだ人たちと繋がるチャンスがあるともいえます。10月になると既にプロジェクトが開始されていることも多いので、4月入社よりもゆっくり研修を受けることができないケースはあります。じっくり研修を受けたいのであれば4月入社を狙うとよいかもしれませんね。

第二新卒が就活する際に注意すべきポイントは?

第二新卒への企業に対する需要が高まっているのは事実です。しかし、第二新卒の就活は注意点があることも認識しておいてください。第二新卒は社会人経験が浅い人が多いので前職を短期間で辞めてしまっている場合も多々あるでしょう。その経歴を見た時、企業は「また、すぐに辞めてしまうかもしれない」と不安を抱えることになりがちです。会社を辞めた理由についてはしっかりと原因を分析し、次の企業ではなにをやりたいのかを明確にしておきましょう。目的意識をもって辞めたのであれば、退職理由はポジティブなものになります。また企業は第二新卒として、あなたには最低限のビジネスマナーが身についていると信用しています。社会人として常識はずれな行動を取らないように、十分に気をつけてください。

【まとめ】第二新卒はチャンスにあふれている!就活はじっくり取り組もう 1705_1_171(3)

第二新卒は新卒と社会人の間のような存在であり、企業からすると貴重な人材です。就活をする上で、第二新卒という立場は有利な点が多いと心得ましょう。焦って転職するのではなく、自分のやりたいことができそうな会社をしっかりと見定め、適切な時期・タイミングで入社できることを目指してください。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る