第二新卒が知っておくべき就活セミナー参加のポイント

1705_1_170(1)

第二新卒が参加できる就活のセミナーにはどのようなものがあるでしょうか。第二新卒も応募できる新卒採用枠を設ける企業や、第二新卒にフォーカスした採用を行う企業も増えていることから、第二新卒向けにセミナーを開催して企業の魅力を伝えたいと考える企業も多いと考えられます。ここでは、個別企業セミナー、合同企業説明会、転職相談会などさまざまなタイプの就活セミナーの特徴と、参加する際の注意点についてスポットを当てて紹介します。

第二新卒向けセミナーの種類

就活セミナーにはさまざまな種類があります。第二新卒にターゲットを絞って複数名の採用を予定している企業では、個別にセミナーを開催することもあるでしょう。新卒の企業セミナーに第二新卒応募可という形で募集枠を広げている企業もあります。また、合同説明会、就職フェアと言われるように、複数の企業が同じ会場を利用して開催するセミナーもあります。この場合、規模はイベントによって異なりますが、大規模なものは来場者が1万人を超えるものもあり、全国の大都市を中心に行われています。企業説明会以外にも、就職相談ができるセミナーや、面接のコツを学ぶためのセミナーなど、就活に関連するセミナーを開催している転職エージェントや自治体もあるので、就職対策のために参加してみるのもいいでしょう。

それぞれのセミナーの特徴とは?

合同就職説明会や転職フェアは、転職エージェントが企画運営する場合が多くありますが、なかにはハローワークや自治体が開催することもあります。エンジニアやIT企業など職種や業界に特化したセミナーもあるので、希望する道が決まっている方は効率よく就活することができるでしょう。大規模な合同説明会は多くの企業がブースを持って人事担当者や現場の社員と話をしたり、企業の雰囲気やカラーを知ることができたりというメリットがあります。転職エージェントやハローワークが開催する転職相談会や面接対策などのセミナーは、転職業界にいるプロからアドバイスをもらえるチャンスです。面接の練習ができるセミナーなど実践的なプログラムもあります。

必須持参物と服装について

1705_1_170(2)

個別の企業セミナーや就活セミナーに参加する場合には、通常は事前に申し込みをする必要がありますが、合同セミナーの場合は事前予約不要なケースも多くあります。セミナーは情報交換や企業説明をする場なので、履歴書を持参する必要がないことがほとんどですが、今までの経歴や希望する職種、年収などをまとめておくことが重要です。その場でエントリーシートを記入する場合もあるためです。また、企業説明会や選考日を調整することもあるのでスケジュール帳やメモ帳、筆記用具も必要です。企業の人事担当者にも会う機会なので、服装は面接に行く場合と同様のスーツがいいでしょう。第二新卒の場合は社会人経験を活かすことをアピールするために、リクルートスーツ以外のスーツのほうがこなれた感が出ていいでしょう。

セミナーを活かした内定獲得のコツ

それでは、企業セミナーを利用して内定獲得のきっかけを作るには具体的にどのような行動をとればよいでしょうか。まず、事前に企業研究を行い、いくつか質問を用意しておきます。説明会を受けてもクリアにならなかった点は質疑応答で聞いてみるといいでしょう。また、セミナー後や開催前に企業の人事担当者や社員と立ち話することで、社風や社員の雰囲気を知ることもひとつの手です。名刺交換をして個別に連絡する約束を取り付けることができる可能性もあります。セミナーでは、会社が求める人物像、会社や人事の特徴や関心事、活躍している社員の特徴、社風に合うかどうか、今後の事業展開などを重点的に情報収集し、今後の面接対策に役立てるといいでしょう。

事前調査と準備が大切

 1705_1_170(3)

企業セミナーは企業の担当者と直接会って話が聞けるまたとないチャンスです。事前に十分企業について調査し、自分の経歴ややりたいことをまとめておくなど、有意義な質問や情報交換ができるように準備しておくことが大切です。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る