インターンシップの採用率を上げる!志望動機や抱負の書き方

1705_1_133(1)

インターンシップとは企業が一定期間において、研修生という名目で就活生を体験入社させるシステムのことです。しかし、インターンシップは誰でも参加できるシステムではなく、選考過程を通過した志望者だけが採用されます。どうしても入社したい企業がある人にとっては、インターンシップにも参加して企業にPRしたいところです。
インターンシップで採用されるには志望動機や抱負が大切です。ここでは採用されやすい志望動機について考えていきます。

志望動機では仕事への情熱をPRする

インターンシップに応募する際、企業側が好印象を抱く志望動機としては仕事に対する情熱、興味が見られる場合です。特に新卒の就活生であれば企業は何よりもやる気を重要視しています。若い人材は教育次第で成長が見込めるため、入社時点の能力以上にどれだけ高いモチベーションを抱いていてくれるかを見極めようとするのです。履歴書からやる気があふれているような人材は歓迎されます。
志望動機には仕事内容への思い入れを含めると印象に残りやすいでしょう。できれば単純に「やりたい」、「好き」と書くだけではなく、そう思うに至ったプロセスを含めるとより完成度は高くなります。具体的なエピソードを散りばめながら簡潔かつ印象的な志望動機を履歴書に書きましょう。

インターンシップで何を学びたいか

1705_1_133(2)

インターンシップでは正社員に顔を覚えられて、就活でも有利に働くというメリットがあります。しかし、それはあくまでも副次的な志望動機であり、履歴書や面接で語るのは避けましょう。インターンシップの基本は、仕事を体験することで企業の本質を知ることです。志望動機としても、インターンシップを通して何を得たいのかを中心に書いたほうが好感触を得られることでしょう。
たとえば、仕事によっては実際に現場へと出てみなければ理解できないタイプのものがあります。志望動機としては、仕事を体験することでスキルを身につけ、より企業への理解を深めたいという抱負を綴ることをおすすめします。インターンシップを通じた人間的成長を目指しましょう。

企業に合った志望動機を述べる

重要なのは企業に合った志望動機を述べることです。どんなに文章として美しい志望動機を履歴書に書いたとしても、それが企業の本質から外れていれば不採用になる可能性が高まります。企業の社風によってはむしろ、少々文体があらくてもモチベーションがみなぎっているほうが、採用率が上がることもあるのです。
的確な志望動機を書くために必要なのが企業研究です。特にホームページで創業者の言葉や企業理念を調べておくことは参考になります。企業理念と矛盾しない内容でインターンシップへの抱負を語れば、企業も採用したくなることでしょう。
逆に企業理念から大きく外れるような志望動機は敬遠される傾向があります。企業の方針に共感したうえでインターンシップに応募するのが賢明です。

インターンシップの志望動機、抱負の例文

企業への興味を強調するなら、以下のような文章を参考にしてみましょう。
“自分は大学でのボランティア活動を通して人の役に立てる仕事に就きたいと考えるようになりました。そして、福祉事業にも積極的に貢献している御社の存在を知りました。御社の「誰かのために働く」という理念に深く感動し、ぜひインターンシップとして働きたいと思うようになりました。”
一方、インターンシップへの抱負を強調する方法もあります。
“自分はインターンシップを通じて、営業という全ての仕事の基本になる能力に磨きをかけたいと思っています。そのためにも心は正社員になったつもりで、与えられた仕事を全力投球でこなしていくと誓います。どうぞよろしくお願いいたします。”

インターンシップは成長の場である

 1705_1_133(3)

インターンシップは一足早く社会人体験ができる場所です。もしかすると正社員から厳しい指導を受けたり、自分の能力不足に落ち込んだりするかもしれませんが、それらも全て自分を見つめなおすための貴重な体験です。自分の課題が自覚できれば、よりモチベーションを高めて就活に打ち込もうと考えられることでしょう。そのためにも志望動機や抱負をしっかりと考えて選考過程に挑むことが大切です。
インターンシップの情報を詳しく調べたいなら、就職応援サイトのジョブコミットがおすすめです。企業情報に限らず、履歴書の書き方や面接対策まで有益なコラムが多数掲載されています。インターンシップに採用されやすい志望動機についても教わることができるでしょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る