インターンシップに受かる履歴書への志望動機の書き方

1705_1_134(1)

就活の最後のハードルは最終面接ですが、就活の最初のステップとしてまずインターンシップに参加することを検討している人も多いでしょう。インターンシップに参加するためには合格することが必要です。インターンシップ参加の意思を表明するためにはまず履歴書を送ることになります。履歴書にはさまざまなことを書く必要がありますが、特に志望動機の書き方がポイントになるでしょう。そこで、インターンシップに合格するための志望動機の書き方についてご紹介します。

インターンシップそのものに興味がある場合の書き方

インターンシップに志望する場合、すでに希望する職種や会社が決まっている場合も考えられますが、実際に仕事の体験ができるインターンシップそのものに興味があるといった場合もあるでしょう。その志望動機は、自分が成長したい、経験を積みたいといった点に焦点をあてて志望動機を構築することをおすすめします。「成長したい」という動機の場合は、さらになぜ成長したいのか、成長してどんな自分になりたいのか、「経験を積みたい」という動機の場合は、具体的にどんな経験を積みたいのか、なぜ経験が重要なのかといった点を掘り下げていくと、より応募先の会社の担当者に響く志望動機にまとめられるでしょう。インターンシップのために考えた志望動機はそのまま就職活動の志望動機のベースにもなるはずです。

意中の職種や会社がある場合の書き方

では、希望している職種や会社がはっきりと決まっている人は、どのように履歴書に志望動機を書いたらよいのでしょう?すでに目指す方向が決まっている場合は、なぜその仕事をしたいのか、なぜこの会社を志望するのかについて焦点をあてて志望動機を書くとよいでしょう。希望するに至った具体的な経験やエピソードなどを盛り込むと効果的だといわれています。また、単に「営業の仕事の経験をしたい」といった志望動機ではインパクトに欠け、差別化を図ることが難しくなります。そのため、「入社前から営業のイロハを覚え、営業として即戦力で仕事ができることを目指したい」といったように、より具体的に志望動機の背景を書くことがポイントになるでしょう。

インターンシップに参加する目的を具体化する

1705_1_134(2)

インターンシップに合格するためには、インターンシップに参加する目的を明確に持つことが大切です。そして目的は具体的であればあるほど応募先の会社の担当者に伝わりやすくなり、目に留まって合格する可能性が高まるでしょう。実際の仕事を経験したいということはインターンシップの目的になりますが、そういった内容は多くの人が志望動機として挙げる内容とかぶってしまう可能性が高く、多くの志望者の中で埋もれてしまうことになってしまうことが予想されます。目的をより具体化するためには、自分自身で「なぜ」という問いかけを何度もして志望動機をまとめることをおすすめします。自分自身で深く掘り下げることができるようになれば、インターンシップへの応募だけでなく就活や入社後の仕事にも役立つはずです。

相手を知り自分を知り差別化することを意識する

志望している会社のインターンシップに応募しても、競争相手が多ければ合格できるとは限りません。合格するためには差別化をすることが大切になります。差別化のポイントは志望動機です。志望動機で差をつけるために気を付けることは3つあります。まず1つ目は志望する会社をよく知ることです。企業の理念や文化、事業の特徴、業界でのポジションなどについてホームページなどを中心に調べてから志望動機を考えることが大切です。2つ目は自分を知ることです。志望している会社の事業と自分の経験がつながるエピソードなどを考えるとよいでしょう。3つ目は一般的な定型文で書かないことです。自分にしか書けない内容について自分の言葉で履歴書に書くことがポイントです。

スタートアップセミナーも活用しよう

 1705_1_134(3)

インターンシップを体験するためにはまず合格することが先決です。インターンシップに受かる履歴書への志望動機の書き方についてご紹介しましたが、ジョブコミットのスタートアップセミナーなども活用して志望動機を整理してみることをおすすめします。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、20…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る