図書館のインターンシップに応募する心得!志望動機に気をつけよう

1705_1_123(1)

多くの企業が採用しているインターンシップ制度ですが、図書館も例外ではありません。研修生という名目で一定期間、就活生を働かせるシステムを取り入れています。しかし、インターンシップに参加するためには数多くのライバルの中から選ばれる必要があります。
選考過程で重要視されるのは志望動機です。説得力のある志望動機は採用担当者の心をつかみます。ここでは図書館のインターンシップに応募する際の志望動機について解説します。

「本が好き」という気持ちは大前提

よく「好きなものを仕事にしても上手くいかない」という言葉を聞きますが、「好きこそものの上手なれ」ということわざがあるように、好きな気持ちがプラスに働く仕事もあります。図書館司書はその典型でしょう。毎日本に囲まれているだけではなく、おすすめをするために話題書には目を通しておく必要もあります。そのうえ、平均年収は他の仕事よりも低めなので、本が好きでなければ続けていくのは困難です。
インターンシップに応募する際にも、まずは本への愛情を志望動機で示すように心がけましょう。恥ずかしがらずに真っ直ぐ思いをぶつけたほうが採用担当者の印象は良くなります。できれば、本を好きになったきっかけなどを盛り込むと個性的な志望動機になります。

図書館で何をするのかを明確にする

1705_1_123(2)

「本が好き」という志望動機は大切ですが、それだけで押し切ってしまうと子供っぽい印象を与えてしまいます。社会人としてビジョンを持ち、職場に貢献できることを示せなければ、ライバル志望者にリードされてしまうでしょう。そこで、「自分が図書館で働けばこのように貢献できる」と伝えることが肝心となります。
その際に注意したいのは図書館のコンセプトから外れたことを言わないことです。たとえば、穏やかで素朴さが売りの図書館で「最新技術を使いこなして、ハイテク化にも対応できます」と語っても採用担当者の心には響かないでしょう。図書館の理念をリサーチしたうえで、理念に沿って志望動機を述べれば担当者の印象に残りやすくなります。

利用者の気持ちになって考える

インターンシップでは、期間を通して学びたいことを志望動機に盛り込むのも有効です。ただし、一般企業と図書館には「売上」という違いがあります。図書館はお金を払ってもらって本を貸し出す機関ではないので、売上以上に利用者の心を満たすサービスが求められています。インターンシップの応募者も利用者目線を理解していなければ「一緒に働くのは難しい」と思われてしまうでしょう。
可能なら、志望先の図書館を利用者として訪れてみて観察してみることがおすすめです。貸出を増やすためにどんな工夫をしているのか、どんなシステムを導入しているのかをその目で確かめておきましょう。そのうえで、利用者のために何ができるのかを考えれば志望動機の説得力は増します。

図書館インターンシップの志望動機の例文

本が好きであること、図書館に貢献できること、利用者を考えること、これらを盛り込んだうえで志望動機の例文を以下に紹介します。これを参考にして自分なりのエピソードを含めるようにすると魅力的な志望動機が完成するでしょう。
『私がこの図書館のインターンシップに応募したのは本が好きだからであり、本の素晴らしさを教えてくれた場所で働きたいと思ったからです。私は幼少の頃からこの図書館に通い、地域と密着しながら本の良さを伝えていく姿勢に共感しました。私は地元住民として利用者の雰囲気も知り尽くしており、利用者が気持ちよく過ごせる雰囲気作りに貢献できます。児童施設でのボランティア経験もあるので、児童書の紹介などでも役立てると自負しています。』

志望動機では自分を冷静に見つめる 1705_1_123(3)

図書館インターンシップの志望動機では熱い思いをぶつけることも大切ですが、あまりにも先走りすぎると採用担当者から敬遠されてしまう可能性があります。本への思いは抱きつつも、仕事として冷静に向き合えると証明する必要があるのです。
しかし、心の中では立派な志望動機を抱いているのに、文章に起こすとなると難しい人はたくさんいるでしょう。そんなときは他人に相談することも大切です。一人で考え込んでしまって前に進めなくなる前に新鮮な意見を取り入れて不安を払拭しましょう。
そんなときに、役に立つのが就職応援サイトであるジョブコミットです。ジョブコミットでは就活に役立つコラムが満載で、読み物としても面白いので気軽に取り入れることができるでしょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、20…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る