動物病院にインターンシップを希望するときの志望動機で好ましいのは?

1705_1_127(1)

インターンシップに参加しておくことは、就職に向けて有利になることがたくさんあります。内定を取れることはもちろん大切ですが、業界をいち早く経験しておけば就職前にすでにスキルがついていることになります。動物病院の場合は、実際の治療を直接見ることができる上に顧客との関わり方などリアルな体験が期待できます。即戦力とまではいかないにしても、就職に十分役立つでしょう。動物病院のインターンシップの志望動機は、どのようなものが良いか傾向を紹介します。

動物病院に興味を持った動機

志望動機で必要なのは、まずその業界に興味を持ったきっかけを伝えることです。動物病院への就職を希望する人のほとんどは、動物が好きであるということが前提といえます。好きだから働きたいという一般的に予想できる内容では、志望動機としては薄い印象があります。インターンシップでも同様です。どんな経験があって、そこから何を感じ、動物病院で働きたいという興味につながったのかを明確にしましょう。志望動機として多く見られるのは、自分で飼っていたペットなど身近な動物との経験です。自分で飼った経験がなくても、社会問題として取り上げられることの多い話題から興味の対象になる人もいます。どんなきっかけでもそこからどう感じ、仕事にしたいと考えたかを伝えましょう。

将来の目的とは何か?

1705_1_127(2)

就職する目的は何でしょうか。もちろん、収入を得ることは目的のひとつですが、それでは動物病院である必要はありません。動物病院で働くことで、何を目標にしたいかを書きましょう。動物という対象に対して、自分がどのような目的を持っているか、それが動物病院で働くこととどうつながるかを書くのです。インターンシップは2ヶ月程度の短期間での参加が主ですが、その期間の間でどんなことを学びたいかという目標に絞るのもいいでしょう。その際「内定を取りたいから」というような内容はもちろんNGです。インターンシップに絞って目的を盛り込むときには、どこまでを経験したいかということを目的にするのもいいでしょう。

その病院を選んだ理由は?

インターンシップにその動物病院を選んだ理由を書きましょう。他にもたくさんある動物病院の中で選ぶには何らかの理由があります。自分や知人が飼っているペットを診てもらった経験があれば、それを書くのも好感が持たれやすい内容です。実際に利用したことはなくても、地元の評判から選ぶ人もいるでしょう。どんな評判を聞いてどう良いと思ったかなどを書きます。動物病院と言ってもそれぞれに特徴はあります。ペットホテルを併設しているところもあれば、トリマーを置いているところなど近年はサービス業としても多様化が見られます。病院としての特徴以外の部分に触れるのも好まれやすい志望動機です。病院がどこに力を入れているかをチェックしておきましょう。

どんな経験を得たいのか?

インターンシップでどんな経験を得たいのかということは、目的に近い部分があるかもしれません。具体的には目的のためにどんなスキルを身につけたいかということです。その動物病院のインターンシップに参加することで、どんな経験を身につけたいか、またはどういった経験を得られると感じて応募したかということを入れましょう。受け入れる側も、なぜ自分の病院を選んでくれたのかが分からないと判断に困ることになります。他に熱意を感じる人がいれば、そちらが選ばれてしまう可能性が出てきます。内容として入れるのは、どこでもできることではいけません。対象の動物病院だからこそできる経験であることが重要です。

そこでなければいけない理由を明確にする

 1705_1_127(3)

インターンシップの志望動機は、その動物病院でなければいけない理由を明確に伝えることです。どんな目的や希望を持っているか、その動物病院のどんな特徴に惹かれてどのようなスキルを身につけたいのかをしっかり伝えましょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る