学生インターンシップの志望動機は何を書けばいいの?

1705_1_116(1)

インターンシップは仕事を体験するための制度です。早くから仕事を体験しておくことは就活に役立つだけでなく、就職後やその先の人生にも良い影響を及ぼすかもしれません。しかし、その体験を積むためにはまずインターンシップに応募し、選考を通過する必要があります。人気のある企業ならインターンシップの倍率も高いでしょう。選ばれるために重要なのは志望動機です。
そもそもインターンシップにはどのようなメリットがあるのでしょうか。また、志望動機には何を書けば選ばれやすくなるのでしょうか。

就活市場で18卒向けのイベントを開催

インターシップの型式

インターンシップにはいくつかの種類があります。数ヶ月から年単位で実際に働く長期のインターンシップでは、その企業のメインとなる業務から電話の応対などの日常業務も体験でき、その企業で働くイメージがしやすいです。最短で1日、長くても数ヶ月の体験型インターンシップでは、その企業のメインとなる業務を中心に体験できます。他には、企業側から出された課題を他のインターンシップ生と共にこなすワークショップ型や、インターンシップの内容次第で、その企業での就職が有利になる選考直下型などがあります。
志望している企業や業種がある程度固まっている人は、長期型だと就職後の仕事に直結します。まだ決めかねている人は体験型やワークショップ型などの短期のインターンシップに参加して、さまざまな仕事を体験してみると自分の気持ちを固める助けになるかもしれません。自分の状況に合わせたインターンシップ選びが大切です。

インターンシップのメリット

最大のメリットは学生のうちから仕事を体験できることです。それがメリットとなる理由は2つあります。1つ目は、実際に就職したときに活かせること。たとえ違う業種でのインターンシップでも、ビジネスマナーなど活かせることはあります。2つ目は、その企業で働くイメージを明確にして離職する可能性を減らせること。総務省の統計によると、大卒で就職した人のうち約3分の1は3年以内に離職しています。その原因は主に理想と現実とのギャップであり、インターンシップはそれを埋める方法のひとつとなります。
ただし、インターンシップですべての仕事を体験できるわけではないという点には注意が必要です。短期のインターンシップでは日常業務を体験できず、実際の仕事の辛さを知ることができなかったり、企業が新入社員を確保するために良い面だけを見せたりすることもあります。インターンシップでの体験を鵜呑みにするのではなく、仕事の一部分と考えることが重要です。

志望動機のポイント

1705_1_116(2)

では、志望動機にどのようなことを書けば選考に通りやすいのかというと、それは「何を体験したいのか」と「なぜそう思ったのか」です。まずは、自分が選んだインターンシップ先で何を体験したいのかを具体的に考えます。企業は、学生に自社の仕事を体験してほしくてインターンシップを用意しているのですから、それを望んでいる学生を参加させたいと考えています。
しかし、「何を体験したいのか」はあくまで基本であり、それだけでは足りません。それを体験したいと思った理由が必要です。こういった経験があるからこの業種に興味を持った、こうなりたいからこれを体験したいなど、自分ならではの理由があれば企業の目に留まりやすくなるでしょう。

希望の業種や企業がない場合

志望が固まっていなければ、そのインターンシップで体験したいことやその理由を考えにくいかもしれませんが、志望動機は企業や業種に関していなくても構いません。大切なのは、企業の目に留まりやすくするために自分の個性を出すことです。インターンシップに参加する目的を決め、その目的を定めた理由を考えて筋の通った志望動機を書けば、企業や業種に関係なくても注目されやすくなるでしょう。
また、インターンシップでの目的を明確にすることは、選考を通りやすくする以外にも意味があります。一つは、インターンシップの経験で得たものを確かめられること。目的と比較することで、十分な経験を得られたのかがわかります。もう一つは、インターンシップの時間を有効に使えること。インターンシップでは経験のない仕事をするわけですから失敗することもあります。仕事を成功させるために行動すると、失敗した場合に自信を失って終わるかもしれません。その経験が無駄になるとは限りませんが、就活のためにインターンシップに参加したのであればもの足りない結果となるでしょう。インターンシップを有益なものにするには、目的を達成するために行動することが必要です。

志望動機は深く掘り下げて決めよう

1705_1_116(3)
学生のうちから仕事を体験できるインターンシップは貴重なものです。実際の仕事を体験することで理想と現実のギャップを埋め、仕事を辞めてしまう可能性を減らせます。インターンシップの志望動機を書くポイントは、「何を体験したいのか」と「なぜそう思ったのか」です。深く掘り下げて書けば選考を通りやすくなるでしょう。

就活で成功したい学生はジョブコミットへ!

目次へ

就活生に人気の記事!

「長所は明るい性格です」!どう語る?自己PR

難関企業から内定を取りまくった人に共通点とは?

「挨拶ができる」は立派な自己PR!

性格の穏やかさを自己PRとして伝える方法

最終面接・役員面接の対策方法、心構えとは?

会社説明会の案内に対する返信メールのマナー


今だけ限定!
19卒人事と話せるセミナー

関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、2016年8月1日時点で「内…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…
最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る