ベンチャー企業におけるインターンシップの志望動機の書き方とは?

1705_1_109(1)

多くの企業がインターンシップを受け入れていますが、その理由はインターンシップを利用することで、利用者だけでなく企業側にもさまざまなメリットがあるからです。しかし、人気のある企業に応募する際は、対策をしっかりとしていないと選考で不合格になってしまいインターンシップに参加できないこともあります。
そこで、この記事ではベンチャー企業のインターンシップにおける志望動機の注意点についてまとめてみました。どのような注意点があるのか、一緒に考えてみましょう。

ベンチャー企業特有のニーズとは

すでに成長を遂げている会社と、これから成長していくことを目標に掲げているベンチャー企業では必要とされる人物像が異なることを理解しておきましょう。どちらも企業が成長するための人材を必要としている点では同じですが、すでに成長を遂げている会社は今の組織を維持しながら成長しなければならないのに対して、ベンチャー企業はこれから会社を大きくしていくために必要な人材が欲しいのです。また、ベンチャー企業の多くは、これまでにない発想で新しい事業を立ち上げていくために必要な人材を必要としています。
インターンシップの志望動機を記入するときは、これらベンチャー企業特有のニーズをよく理解しておくことです。志望動機と会社が求める人物像を上手くリンクさせて書くことで、採用される可能性は高まるでしょう。

キーワードは「熱意」と「やる気」

1705_1_109(2)

ベンチャー企業が必要としている人材とは具体的にいうと「熱意」や「やる気がある」人です。ベンチャー企業の多くはまだ会社の規模が大きくないこともあり、給料や福利厚生といった面では多くの場合で大企業に及びません。そのため、待遇面にとらわれず、「やりがい」をもって仕事をしてくれる人を必要としています。
そのため、インターンシップで志望動機を書く際には「自分のやりたいこと」や「興味があること」が、その企業の業務内容と合致しているということを書くとよいでしょう。志望動機というものは、一般的には「なぜその企業を選んだか」ということを書くことも多いですが、「なぜその職種を選んだのか」について書くことも有効な手段です。そのうえで、「これから一緒に会社を大きくしていきたい」というようなやる気をアピールできれば、さらによい志望動機になることでしょう。

どのように書いてよいか分からない時の対処法

ベンチャー企業でインターンシップを経験したいという人の中には、まだ就職したい業種が絞れていない人もいるのではないでしょうか。そのような場合、志望動機をどのように書けばよいのか悩んでしまうこともあるかもしれません。
しかし、そのような場合でも「ベンチャー企業がどういうものか経験しておきたい」などといった、インターンシップの動機はあるはずです。その動機には「自分自身の成長のため」や「社会経験のため」などさまざまな理由があるでしょうが、それをもう少し掘り下げることで「自分は向上心が強い」や「新しい技術に興味がある」といった志望動機に気づくことができます。よく考えれば、誰にでもベンチャー企業向けの志望動機は見つかるはずですので、落ち着いて自分自身に問いかけてみましょう。

独自性と将来性をアピールするのも大事!

ベンチャー企業のインターンシップにおける志望動機に特に大切なのは、「熱意」や「やる気」ですが、他にもいくつか気を付ける点があります。それは「ありきたりの表現をつかわない」ということです。ベンチャー企業の多くは独自性のある商品やアイデアを持っています。そのため、できるだけその企業の独自性と志望動機を絡めて書くことがよいでしょう。ありきたりの文章では「なぜ、その企業を選んだのか」という部分が見えにくくなってしまいます。
また、インターンシップを通じて「どのように成長したいのか」をアピールすることも大事です。具体的に記入することができれば、どのような将来を描いているかアピールすることができて、就職活動に有利に働くでしょう。

企業が求めているものを理解して書こう!

 1705_1_109(3)

ベンチャー企業では、これから会社と一緒に成長してくれる人材を必要としています。インターンシップの志望動機では、その企業が求めている内容を書くことが成功への秘訣ですので、これらをよく考えて記入するようにしましょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る