新卒の就活に差をつける!履歴書にはアルバイト経験をこう書こう

1705_1_82 (1)

新卒の就職活動は、社会人経験や就業経験も乏しく、誰もが同じスタートラインに立って始めるものです。ですが自分が希望する企業への内定を勝ち取るには、横一線から少しでも前を走っていたいものですね。そこで大事になってくるのが自己PRです。特にアルバイトなどの就業経験をどうアピールするかがカギになります。履歴書にアルバイト経験をただ書くだけでは埋もれてしまいます。採用担当者に訴える書き方とは?自己PRの効果的な方法を紹介します。

新卒だから経験がない、と思い込まないことが大切

就活中の履歴書に記述する内容で悩んだことはありませんか?これだと他の人と違いがでない、自分を売りこみたいのに売り込めるものが見つからないと悩む人は少なくありません。研究成果や課外活動、あるいは資格取得などPRできるものがあまりないという人もいるでしょう。ましてや新卒であれば社会人としての就業経験もないと考えてしまいがちですが、そう決め付けてしまうのは早計です。もしアルバイトをしてきたのであれば、それは立派な就業経験となります。新卒の場合は確かに企業に会社員として勤務し、社会人経験を積んだことはないでしょう。ですが、アルバイトとして社会の中で働いた経験は、決して小さいものではありません。アルバイト経験の中で得たこと、何を感じたかということが就活においてのPR材料になるのです。

採用担当者はここを見ている!履歴書記述のツボとは

1705_1_82 (2)

採用担当者が新卒者の履歴書を見たときに、どこをもっとも見ているのでしょうか。新卒であれば、履歴書の学歴は小学校から大学まで大きな違いはありません。むしろ資格や職歴、自己PRといった、人と差がつきやすい部分を採用担当者は注目しています。大学在籍中に取得した資格や英検、TOEFLスコアなどの記載があればその学生の努力を感じるでしょう。自己PRについても記述されている内容によっては熱意を感じることもあるでしょう。なかでも職歴に記述がある、ということはアルバイト経験がある、就業経験があるとみなされます。就活中の学生の履歴書ですから、目的は就職です。アルバイトとしての就業経験は就職後にプラスに働く可能性は高くなります。資格や自己PR以上に力を入れて記述すべきはむしろ職歴だといえるでしょう。

アルバイト経験の効果的な書き方とは?注意点はある?

履歴書の職歴欄の重要性が理解できたところで、効果的な職歴欄の書き方を押さえておきましょう。在学中にたくさんのアルバイトをしてきた人もいるかもしれませんが、採用担当者が重視するのは「どのくらいの期間働いていたか」という点です。就職後、すぐ辞めてしまうようなことがあれば企業にとってもさまざまな意味で損失です。就職後は長く勤められる人材を求めるのは当然です。また、アルバイト経験を履歴書に記述するうえで大切なことは、だらだらと長く説明するのではなく、どういう仕事をどのくらいの期間してきたかということを1行~2行くらいに収めるようにすることです。難しく書くよりも、接客、販売などの分かりやすい言葉でまとめましょう。そして退職の理由は通常「一身上の都合」と記述することが多いですが、面接時にきちんと答えられるようにしておくことも大切です。

一歩抜きん出るためには職務経歴書を作って自己PRを!

アルバイトで得たこと、学んだこともたくさんあるでしょう。本来はそういったことを履歴書に記述し、PRしたいところです。ところが履歴書には限られたスペースしかありません。そのような場合は職務経歴書を用意しましょう。履歴書は、いうなれば自分自身の一身上の経歴が網羅されているものですが、職務経歴書は、職歴に記載された就業経験をより詳細に記述し、自身が行ってきた業務を深く伝えるためのものです。こういうことができる、という技能の表現もできます。職務経歴書を別途作成し、自己PRの場所とするのがおすすめです。職務経歴書を充実させることで、アルバイトでやってきたこと、学んだこと、培った技能などを強く訴求することはもちろん、就職後の自分はこうできる、こういったことをしたい、という意欲を見せることも可能です。

資格がなくても大丈夫!アルバイト経験を大いにPRしよう!

 1705_1_82 (3)

新卒の就活は自分と他人の状況を常に比較し、意識してしまいがちです。資格や技能が足りず悩む人も少なくないですが、アルバイトをしたことがある場合はアルバイト経験を大いに活用しましょう。自分が働いてきた経験は、自分だけの財産であり、他の人と比べられるものではありません。大切な就業経験を自己PRの材料に替え、充実した履歴書を作成しましょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る