新卒の就活における二次募集って実際のところどうなの?

1705_1_72 (1)

新卒で就活を行う際に意外に気になる二次募集の謎。二次募集ってどうして行うの?二次募集って難易度が高いって本当?就活が難航すればするほど興味が出る二次募集。一次募集で人数が集まらなかったときだけ募集がかかるわけではありません。企業は二次募集で一次募集とは別の人材を求めていることも考えられます。もしかしたらあなたが二次募集向きの人材である可能性もあります。難関であると考えられがちな二次募集の攻略法もあわせて、わかりにくい二次募集について詳しく紹介します。

どうして二次募集をするの?

二次募集を行う理由は企業によってさまざまですが、一般的に一次募集で集まらなかった人材の確保という場合が考えられます。採用人数の多い大企業では、新卒の採用を1クールで行うことは非常に難しいため、2回以上に分けて行います。同じ業種に人気の企業があると学生も人気企業に流れがちですので、ブランド力の強い企業でない場合はわざと2回に分けて採用を行うことで優秀な人材を確保しようとします。内定を出しているにも関わらず学生が辞退することが多い人気の薄い業界や企業では、他の企業の採用が一旦落ち着いた頃を見計らって不足分を二次募集で補うという方法を取っています。また、留学やスポーツに熱中していた人材を求める企業では夏以降に採用試験を行うところが多いです。

二次募集のハードルは高い?

1705_1_72 (2)

二次募集の採用枠で着目すべきは、一次募集の際に内定を出した顔ぶれから判断してその中に足りない人材を二次募集の枠で埋めていくことです。例えば営業タイプが欲しい場合や、変り種の人材が欲しい場合など、二次募集で求められるタイプには偏りが見られることが多くあり、判断基準がわからない学生側にとっては不利に働くことも多いでしょう。一次募集で採用したレベル以上の人材でないと採用しないということもあり得ますので、こういったことから判断しても二次募集はハードルが高いといえます。留学していた人やスポーツをしていた人を優先的に採用する企業もあるため、一般の学生にとっては狭き門になります。一方で、中身を重視した採用が行われる傾向もあるため、自分のユニークポイントを把握している人にとっては、二次募集は大きなチャンスであるといえるでしょう。

一次募集でだめだった場合に二次募集でも応募できる?

一次募集でだめだった企業の二次募集を見ると、もう一度挑戦したいという気持ちはよくあるでしょう。しかし一次募集を通過できなかったというのは、企業の採用基準に満たなかったと言うことですので、二次募集で採用される確立は極めて低いと考えられます。募集要項にも一度採用試験を受けたことのある人の再度の応募はできないと記されていることも多いでしょう。新卒の就活で一度だめだった企業には縁がなかったと思うようにするのが最善です。どうしてもその企業で働きたい場合は、何年か後に転職活動を行い中途採用に応募できるという可能性もありますので、将来的には不可能ではないと考え、その企業で働くことを目標にその企業が求めるスキルを別の企業で十分に磨きましょう。

二次募集で採用を勝ち取るには?

二次募集では志望動機が非常に重要となり、どうして二次募集に応募しているのかというのが内定を左右する大きなポイントになります。留学していて二次募集になった、スポーツや研究に打ち込んでいたという理由は非常に有効です。そのような学生に二次募集で差をつけるには実際に就活をしている中で本当にしたい仕事がみつかった、就活をしている最中にその企業を知り二次募集になってしまった、というようにこの仕事ではないといけないという熱意を伝えるのが重要です。また、二次募集の頃にもなると、就活で多くのことを経験しているので、一次募集の時に培われた経験を活かし、再度自分を見つめなおしましょう。応募書類にもこれまで以上に工夫をこらし、話し方や表現方法など多くの引き出しを増やすことで、この企業で働きたいという意思を企業に伝えることが出来れば、難関の二次募集でも内定につながります。

二次募集でも諦めずに挑戦し続けましょう!

 1705_1_72(3)

新卒の就活において二次募集は企業が必要とする人材が学生側にわかりづらかったり、的を絞った学生の採用を行ったりすることから、難易度は高いと言えます。しかし、これまでの就活の経験を活かして、一次募集以上に落ち着いた態度で臨むことも可能です。自分を見つめなおすことで本当に就きたい仕事が明確になっているという点から見ても、これまで以上に企業に仕事への熱意をアピールすることができます。初めての就活での不安がある場合にはジョブコミットのサービスを利用してみるのもいいでしょう。二次募集に関しての相談も受けることが可能で、多くのイベントに参加することで就活への不安がなくなります。多くの仲間と就活を通して情報を交換し、励ましあうこともでき就活が有意義なものとなるでしょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る