新卒の就活!面接で私服を指定されたときは?

1705_1_78 (1)

就活を成功させるためには面接試験を乗り切る必要があります。そのためにも、きちんとした面接対応をおすすめします。試験官の質問に対して、きちんと受け答えすることはいうまでもありません。また、面接会場に入る前から試験が始まっているとの自覚も大事です。誰が見ているかわからないため、会場を出てからも気を抜かないようにしましょう。
さらに、面接試験に臨むためには服装選びも大きな課題になります。ここでは、新卒の就活で応募先企業から私服を指定されたときはどうするかについて、お役立ち情報をまとめました。

まずは「私服」の意味を理解しよう

photo28-2

新卒の就活にはリクルートスーツが定番とのイメージがあります。そのため、就職説明会や面接試験に臨むときは、黒をはじめ、紺やグレーなどの落ち着いた色合いのスーツがおすすめです。バッグや靴も、スーツに合わせて選ぶと無難です。
しかし、面接に私服を指定する企業もあるため、判断に迷う原因にもなります。また、私服での案内を受けたときは、私服の意味を理解することが大事です。就活時に求められる私服は、プライベート時に着る私服ではありません。Tシャツやジーンズといったラフな格好はイメージダウンにつながることを知っておきましょう。あくまでも仕事ができる服装をすることが大事になります。就活時の服装は「ビジネスカジュアル」を参考にしましょう。
なお、「ビジネスカジュアル」に対して「オフィスカジュアル」という表現にも注目されます。それらの違いについて、ビジネスカジュアルは企業訪問に適した服装、オフィスカジュアルは来客への接待に適した服装との捉え方もあるといわれています。

企業の意図を把握することも大事

私服で面接に臨むときは、企業の意図を把握することも大事です。企業からの案内が「私服」ではなく「私服可」になっていないかも確認しましょう。もし、「私服可」なら、スーツで出掛けたほうが無難な場合も少なくありません。
就活における面接試験は、応募先企業に就職できるかどうかが決まる重要な場面です。また、自分をアピールできる貴重な機会にもなります。私服で面接に臨む場合でも、仕事に適した服装を心掛けることはいうまでもありません。あまりにもラフな格好で出掛けると、それだけでマイナス評価になってしまいます。
ただし、アパレルやデザイン系などの企業では、私服での面接を通じて服装のセンスをみられることも多いようです。そのため、企業が求める意図の的確な判断が大切になります。

おすすめしたい私服とは?

私服で面接試験に臨むときは、派手な服装にならないように心掛けましょう。スーツの着用が無難ですが、応募先企業から「私服」を指定されたときは、それに従うことがマナーになります。
男性はジャケットにチノパンが基本です。シャツはTシャツではなく、襟付きのシャツを選びましょう。シャツは白が理想的ですが、多少のストライプは問題ありません。
女性の場合は、ジャケットにスカートを基本にするとよいでしょう。パンツスタイルを選ぶ方法もありますが、スカートのほうが無難だといわれています。スカートは膝丈くらいの長さがおすすめです。襟付きシャツ(あるいはブラウス)の色は、白やパステルカラーにするとよいでしょう。
なお、男女どちらの場合も、露出度の高い服装や、パーカーやトレーナーなどを避けることが大切なポイントです。

トータルバランスも大事

面接試験に臨むときは、衣服だけでなくトータルバランスを考えることも大事です。茶髪のままで行くのはよくありません。また、髪はしっかり整えましょう。髪を伸ばしている女性は、ひとつにまとめることをおすすめします。濃すぎないメイクも重要なポイントになります。
バッグや靴なども要注意。黒の革靴にすると無難です。女性は、ヒールが高すぎないパンプスをおすすめします。バッグは、床に置いても崩れない、しっかりした素材のものにすると安心できます。A4ファイルがそのままで入る大きさのバッグを選びましょう。
なお、面接試験の服装選びをするときは、その服装で職場に行けるかどうかを考えると答えが出るのではないでしょうか。しかし、新卒に限らず、就活するときは戸惑うかもしれません。もし、面接時に着ていく服装に迷ったときは、応募先企業の従業員が着用している服装を参考にする方法があります。

自分をアピールできるチャンス

1705_1_78 (2)

新卒の就活で、面接試験に私服を指定されたときは服装選びが大きなポイントになります。ビジネスカジュアルを意識した服装を心掛けることがおすすめです。また、自分のセンスはもちろん、自分自身をアピールできる大きなチャンスだとの認識を持ちましょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、20…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る