新卒の就活を決めるポイント!面接で多い質問と回答例

1705_1_75 (1)

新卒の就活で大きなポイントとなるのが面接対策です。無防備で面接に挑んでいては、上手く答えられずに不採用となる可能性が高まります。事前に質問を予想し、回答を準備しておくことで採用率を上げることができるでしょう。面接官とのコミュニケーションもスムーズになります。また、回答を考えることで自己分析力を高め、就活のモチベーションにもつながります。ここでは就活の面接で登場することが多い質問と回答例を紹介していきます。

まずは敬語やマナーに注意しよう

1705_1_123(1)

新卒の就活の面接では、質問が始まる前から面接官のチェックが始まっています。たとえば、入室する際にしっかりとドアをノックしているか、ノックの回数は3回か、面接官は細かく見ています。入室後も身だしなみから姿勢まで、全てが審査の対象になっています。気を抜かずにクリーニングしたてのスーツに身を包んで当日を迎えるようにしましょう。
また、質問が始まっても正しい言葉遣いができていなければ回答の内容に関係なく低い評価をつけられてしまうこともあるので、敬語の予習は不可欠です。
新卒の就活生では、経験のある社会人ほどマナーが身についていない傾向があります。それだけに、マナーをしっかりと押さえている就活生がいればいい印象を残すことができます。

「あなたはどんな人間ですか」と聞かれたら

新卒の面接で多い質問が「あなたはどんな人間ですか」というものです。あるいは、「長所と短所を教えてください」、「性格を教えてください」というパターンもありますが、いずれも自己分析が正確にできているかチェックするための質問です。
自己分析がしっかり行えていないと入社後、自分の適性に気づかないまま仕事を続けて失敗してしまう可能性が高まります。そこで、選考段階から面接官は就活生がどれだけ自分のことを分かっているかを知りたがります。
対策としては、自分の成功体験やプロフィールから長所と短所を割り出し、準備しておくことでしょう。また、体育会系の企業面接であれば「自分の長所はガッツがあるところです」などと企業に合わせた回答を考えておくのも大切なテクニックです。

「どうしてこの会社を選んだのですか」と聞かれたら

志望動機は新卒の就活生にとって、必ず聞かれるといっていい質問です。それだけに濃密な回答を用意しておく必要があります。
企業が新卒に求めることは何よりも熱意です。能力は入社後に教育すればいいので、まずは会社に貢献できるよう努力してくれる人材を欲しがっています。
回答でも熱意がアピールできるような内容を考えましょう。「給料が良かったから」など、条件面に関する回答は避けたいところです。他に条件のいい企業があれば目移りしそうだと思われるからです。
「自分の資格を活かし、仕事に打ち込める会社だと思いました」、「昔から憧れていた業界で働きたかったからです」というようにやりがいを中心に置きつつ、具体的なエピソードを盛り込むといいでしょう。

「学生時代に頑張ったことは何ですか」と聞かれたら

新卒の就活生には学生時代に関する質問も投げかけられます。なぜなら、企業は学生時代を通して志望者の性格を見極めようとしているからです。
避けたい回答としては「特にありません」や遊びに関するものです。企業が聞きたいのはどれだけ自覚的に成長をして、人間関係や組織に貢献してきたかという回答です。よって、回答は具体的であればあるほど望ましいといえるでしょう。
「自分はサークル活動で副会長を務め、日々の会計や合宿の段取りにも積極的に取り組んできました。また、メーリングリストやホームページの管理人を行うなど、会員が充実した学生生活を過ごせるように尽力しました」など、自分の立場や実績が分かるような回答ができれば面接官に好印象を与えられます。

面接対策とは自分と向き合う時間でもある

1705_1_114(1)

面接では単にきれいな言葉を述べていれば採用率が高まるわけでもありません。履歴書の内容と矛盾が生じていたり、言葉と本人の印象がちぐはぐであったりすればかえって評価を落としてしまいます。また、回答としては美しくても企業の理念からかけ離れすぎていれば、ポジティブに働きにくいといえるでしょう。
面接対策を考え、予想される質問について回答を用意する期間は自分と向き合う時間でもあります。自分の長所を探し、短所を素直に認めることで面接での説得力は増していきます。
自己分析の方法が分からない人はジョブコミットなどの就活サイトを参考にしてみるのもおすすめです。一人では考えつかなかった有益な情報が手に入るので、就活への不安が払拭されるでしょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る