新卒は必見!覚えておきたい就活の手順とは?

1705_1_69(1)

大学生活も3年生になると、周りは皆就職活動を始めて、焦り始める方も多いのではないでしょうか。いざ、就職活動をしようと思っても、何から始めて、どう準備したら良いのか分からないという方も多いようです。しかし、人生を決定付ける大切な就職活動だからこそ、早め早めに準備をしておきたいものです。内定の要とも言える「インターンシップ」は、大学1年生から始める人もいるようです。後悔の無い就職活動のために、まずは知っておきたい就活の手順をここでは見ていきましょう。

就職活動をする上で、まず始めることは?

新卒が就活をする上で、まず知っておきたい手順の1番目として、「仮エントリー」があります。「仮エントリー」とは、就職・転職サイトなどの興味のある企業に登録し、書類選考や会社説明会などの資料を送ってもらう仕組みのことです。興味のある企業には、手元に届いた資料を基に、会社説明会などに積極的に参加するようにしましょう。まだ、本格的なエントリーでは無いので、自分で選択肢を狭めずに、興味のある様々なジャンルの企業に「仮エントリー」することをお勧めします。また、大きな会場内を大学生が興味のある企業を見て回るための「合同説明会」と、各企業に直接足を運ぶ「会社説明会」があります。3年生の6月くらいから始まり、冬休みくらいまでの間行われる「インターンシップ」は、実際のワーク内容が見られる貴重な場となります。実際の現場を見て体験することが出来るチャンスなので、積極的に「インターンシップ」へも参加するようにしましょう。昨今では短期型インターンシップや、長期実践型インターンシップなどに参加することで、内定が早めにもらえるケースもあるようです。

自分と企業を知ることで、エントリーに備える

1705_1_69 (2)

インターンシップ中にしておくべき就活の手順は、自己分析と業界研究です。まずは、自分自身のPR出来るポイントを探し、興味や能力、価値観をしっかりと把握しておく必要があります。そして、それぞれの業界の特性などを理解し、自分の能力が活かせる業界を見つけることから始まります。その後は自己PRと志望動機を作成し、志望度の高い企業から順にエントリーします。この際に記入する、エントリーシートは新卒の多い人で100社ほど応募する人もいるようです。エントリーは3年生の3月から4年生の5月くらいまでの期間に行われるので、募集が始まったらすぐに説明会へ足を運び、幅広い企業へエントリーシートを提出するようにしましょう。

試験・面接の期間の流れ

各企業へエントリー後の手順は、いよいよ本番となるES(エントリーシート提出)・試験・面接が4年生の6月から9月くらいにかけて行われます。エントリーシートと履歴書の提出を求める企業もあります。履歴書については、正しい書き方をマスターし、エントリーシート対策も怠らないようにしましょう。面接には、個人面接・集団面接・圧迫面接・グループディスカッションなどがあります。面接は練習を積むだけでも、本番のイメージが沸きやすくなります。緊張しやすく、人前で喋ることが苦手という新卒の方は、本番で自分の魅力を最大限発揮出来るよう、面接練習を積極的に行う必要があります。個人面接・集団面接などをクリアした後に行われる最終面接は、最終的に就活生がふるいにかけられる場でもあります。最終面接では、その企業に入りたいという熱意の強さと、将来のキャリアビジョンが明確なことが、最終面接をクリアする上で重要なポイントとなります。最終面接にもクリアし内定がもらえた場合、内定式は10月となります。

複数社から内定がもらえた場合の対応

就活の後に、仮に複数社から内定がもらえた場合には「意思確認」という面接が行われる企業もあります。そこで新卒は、内定を受けるかどうかはっきりと企業側へ伝える必要があります。内定後の面接が行われない企業については、一定期間内に返事をするというケースがほとんどなので、期限と手順をチェックしておいて早めに返事をするようにしましょう。第1希望の企業から内定がもらえておらず、第2希望の企業から先に内定がもらえるという場合もあります。大体の企業では、最長で1週間ほどが返事をする期限とされているので、内定通知をもらえたら、入職するのか、待ってもらうのかを早めに返信することが最低限のマナーです。

余裕を持った就活をするために

 1705_1_69(3)

周りが就活を始めたから、と慌てて就活を始めるのではなく、就活の手順をしっかりと把握した上で、余裕を持って準備をしておきたいものです。新卒の就活は、人生を左右するとても貴重な時期です。インターンシップが始まる時期や、各企業の試験や面接の傾向などを早め早めに把握しておくようにしましょう。就職・転職サイトは、エントリーシートの書き方や面接のノウハウなど、幅広くサポートしてもらえるので、就活生は登録しておくこともお勧めです。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、20…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る