就活をする新卒は自己紹介を甘く見ないで!ポイントや注意点などを解説

1705_1_65 (1)

就活における面接では、多くの受け答えをすることになります。質問される内容は企業や業界によってさまざまです。しかし一般的に、どの面接であっても最初に求められるのは自己紹介です。自己紹介は学生生活の中でも行うことは多いので、難しくないと考えている人もいるでしょう。しかし面接で行う自己紹介は、他の自己紹介とは異なる点が多くあります。そこで今回は、新卒が面接で行う自己紹介について注意点やポイントなどを説明します。

自己PRと勘違いしないように注意!

就活をはじめたばかりの新卒は、自己紹介を自己PRと勘違いしているケースがあります。自己PRは、自分を企業に売り込むためのものです。働くうえでの強みなどをアピールすることで、採用担当者の自分への評価を高めるために行います。一方で自己紹介の趣旨は、自分をアピールすることではありません。採用担当者への挨拶の一環であり、コミュニケーションを始めるためのきっかけに該当します。そのため自己紹介でスキルや意欲などを延々とアピールし続けると、採用担当者は困ってしまいます。求められている内容を適切に返せないことが、マイナスの評価に繋がりかねません。自己紹介を考えるときは、くれぐれも自己PRにならないように注意が必要です。

目次へ

触れてほしい内容を盛り込む!端的に行うことが大切

1705_1_65 (2)

面接は時間が限られているため、冒頭の自己紹介は端的に済ます必要があります。自己紹介で話した内容について質問を受けて、面接が進んでいくことは珍しくありません。しかし最初に話す内容は、長くなりすぎないように整理しておくことが重要です。まず学校名や学部名、氏名などを述べましょう。それが終わったら学校で専攻している分野や、学外で行っている取り組みなどを簡潔に伝えると良いです。最初に話す時点では、成果などを詳しく述べる必要はありません。ポイントは、採用担当者に触れてほしい内容を盛り込んでおくことです。狙いどおりに採用担当者が質問してきたらアピールのチャンスです。評価してもらいたい成果などを詳しく伝えましょう。

目次へ

大切なのは内容だけ?態度や話し方も重要!

見た目が第一印象に大きな影響を与えることは、多くの方がご存じでしょう。それは自己紹介の場面においてもいえることです。重要なのは話す内容だけではありません。態度や話し方によって、採用担当者が受ける印象は大きく変わってしまいます。小さな声でボソボソと話していると、それだけで採用の候補から外れてしまうかもしれません。転職者の面接であれば、それでも採用されるケースもあるでしょう。企業が求めているのは、主にスキルや知識だからです。しかし一般的に、就活中の新卒は熟練社員のようなスキルや知識を持っていません。やる気やコミュニケーション能力などが評価に大きく影響します。自己紹介の練習は、それを理解して行うことが大切です。

目次へ

練習の際に気をつけるポイントは?

単純に暗唱するだけでは、自己紹介の練習としては不十分です。まず表情をつくる練習をしましょう。自然な笑顔で話せることが一番ですが、緊張している新卒にとって簡単なことではありません。そこでポイントになるのは、意識的に口角を上げることです。そうすれば笑顔に見えるので、新卒らしいフレッシュさを演出するのに役立ちます。また、できるだけ視線を下げずに練習することも重要なポイントです。採用担当者と目線を合わせて話すと誠実な印象を与えられるからです。目を見るのが苦手な場合は、鼻やネクタイの結び目などを見て話すと良いでしょう。最初にこのような自己紹介を行えると、その印象が継続して良い雰囲気のまま面接が進みやすいです。

目次へ

上手い自己紹介で良いスタートをきろう!

1705_1_65 (3)
採用担当者は面接を通じて、応募者のことを詳しく知りたいと考えています。自己紹介はそのスタートとして非常に大切なものです。コツが掴めない場合は、ジョブコミットの開催する就活セミナーなどに参加してアドバイスを受けると良いでしょう。

就活で成功したい学生はジョブコミットへ!

目次へ

就活生に人気の記事!

「長所は明るい性格です」!どう語る?自己PR

難関企業から内定を取りまくった人に共通点とは?

「挨拶ができる」は立派な自己PR!

性格の穏やかさを自己PRとして伝える方法

最終面接・役員面接の対策方法、心構えとは?

会社説明会の案内に対する返信メールのマナー


image4493

就活イベントに参加してみる!

関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、2016年8月1日時点で「内…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…
最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る