新卒の人は必見!就活の仕方をマスターしよう

1705_1_63 (1)

希望する就職先の内定をもらうためには、事前に就活の仕方をきちんと把握して万全の体制で臨むことが大切です。近頃は就活の開始時期が早まっていて、インターンシップの参加者の中には大学1年生や2年生も増えてきています。早めに情報収集しておけば心にもゆとりが生まれ、落ちついた態度で筆記試験や面接を受けることができるのではないでしょうか。
ここでは大学生の一般的な就活スケジュールと、あらかじめ確認や準備をする必要があるポイントについて紹介します。

まずは就活に必要な準備物をチェック

新卒の学生が就活を行う際には、まず就活に必要なものを揃えることから始めましょう。筆記用具やエントリーシート、印鑑など用意するものはたくさんありますが、そのなかでも特に準備しておきたいのがパソコンです。今はネットを見るのはもちろん、時間やスケジュール管理もスマホがあれば事足りるようになってきています。しかし、企業の情報を閲覧する際は、パソコンの大きな画面で見たほうが情報を取得しやすい場合が多いです。また、企業によってはパソコンで受けるWEBテストが必須のところもあります。
スーツも就活を行ううえで必要なアイテムです。面接で自己アピールをうまくできたとしても、服装がおざなりになっていては面接官に良い印象を与えるのは難しいでしょう。安く手に入るからと通販でスーツを購入する人もいますが、サイズが合っていない場合はだらしなく見えてしまいます。就活は第一印象も重要になってくるので、リクルートスーツを売っているお店に足を運び、試着しながら自分の体型にあったスーツを選ぶと良いでしょう。清潔感のある濃紺のスーツは、1着用意しておくと便利です。

職場の雰囲気を肌で感じられる!インターンシップにチャレンジ

1705_1_63 (2)

新卒の学生が、就活の仕方を理解するうえで覚えておきたいことの1つにインターンシップがあります。インターンシップは単なる就業体験にとどまらず、社員と同じように働くことで世界観が変わったり自分を見つめ直すきっかけになったりもします。企業の雰囲気を肌で感じられるのはもちろん、社会人としてのマナーや知識、技術など、大学の授業だけでは知り得ないさまざまなことを学べるのではないでしょうか。
インターンシップは3カ月以上の長期のものと、1〜2日間や2〜3週間など短期のものがあります。希望する就職先が募集をしていたら、参加を検討してみると良いでしょう。インターンシップの参加が採用に結びつくケースもあるため、夏休みや冬休みを利用して参加する1年生や2年生も増えてきています。

早めのエントリーが大切!説明会やセミナーにも積極的に参加しよう

就活の仕方を調べていると、「エントリー」というキーワードを必ずといっていいほど目にするのではないでしょうか。エントリーとは、自分の情報を企業の採用サイトに登録して、選考に参加する意思を示すことをいいます。内定を確実に勝ち取るためには、できるだけ多くの企業にエントリーをすることが大切です。
就職活動の後半には説明会の予約が取りづらくなる可能性も出てくるので、早い時期にエントリーを済ませておくようにしましょう。早めにエントリーをしておくことで、その企業の説明会やセミナーに参加できるチャンスが増えたり、選考情報をいち早く得ることができたりします。そのため、エントリーが解禁する前には志望する業界を決めておく必要があるといえるでしょう。

エントリーシートや履歴書はもちろん、筆記試験や面接の対策も抜かりなく!

エントリーシートや履歴書を企業に提出する際は、誤字脱字がないかや自己PRがきちんと書けているかをチェックしましょう。特にエントリーシートは選考で重要視されるケースが多いので、企業で活躍するためにどのような強みを持っているかを上手にアピールすることが大切です。
筆記試験の主な内容は、一般常識を問う問題や適性検査、作文などです。市販されている問題集や適性検査の対策本などを活用して、早めに慣れておくことが試験を突破するためには必要だといえるでしょう。
筆記試験に合格すれば面接に進むことになりますが、一次や二次面接を通過してもまだ安心はできません。最終面接は意思確認をするだけの場だと思っている人もいるかもしれませんが、企業によっては面接の最終段階においても、学生から熱意が感じられるかどうかを重要視しているところもあるのです。その企業でなくてはならない理由や自分のキャリアプランを伝えるなど、入社する意思を最後まで示すことを心がけるようにしましょう。

就活の流れやポイントをおさえて内定を勝ち取ろう!

1705_1_63 (3)

新卒の学生が内定を確実に勝ち取るためには、事前にどれだけ準備や対策を行ってきたかが鍵になります。就活の仕方をきちんと把握し、早めに行動すれば気持ちにも余裕が生まれるのではないでしょうか。興味がある業界のことをよく調べたり自己分析を行ったりすることは、自分にぴったりの企業を見つけることにもつながります。
就活に必要なアイテムの準備やインターンシップに関する情報収集など、今から始められることもたくさんあります。早めに就活を意識して、企業へのアピールチャンスを逃さないようにしましょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!

 


関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、20…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る