新卒は要チェック!就活における自己分析のメリットなどを解説

1705_1_67(1)

就活を始めると、自己分析の大切さをよく耳にするようになります。たしかに自己分析を適切に行うと、就活において大きなメリットが得られます。しかしメリットがよく分からずに、漠然と行っている人も多いのではないでしょうか。間違った自己分析を行うとメリットを得られないどころか、企業選びを間違うなどのデメリットが生じてしまいます。そこで今回は、どのようなメリットがあるのかを解説して、実施のポイントについても紹介します。

自己分析のメリットとは?

学生時代を振り返る自己分析によって、新卒は自分に適した企業や業界を探しやすくなります。最初に行っておくことで、就活を円滑に開始させられるメリットもあります。働き始めてから適性がないと気づいて後悔することも少なくなるでしょう。企業に自分のことを説明する際にも、自己分析で得た結果は効果を発揮します。企業は応募者がどのような人物であるかを把握しなければなりません。そのため自分のことを上手く説明できない人物は、採用の対象外になってしまいます。履歴書やエントリーシートといった書類には、性格や強みなどの欄があります。自己分析を行うことで、適切な内容を記入できるようになるでしょう。面接での自己紹介や自己PRでも役に立ちます。

目次へ

自己分析の基本的な方法

まず学生時代に頑張った経験や、真剣に取り組んだ内容を棚卸ししましょう。時系列で挙げていって自分の年表を作成します。このときのポイントは取捨選択をしないことです。アピールできそうにないことであっても、リストアップしていきます。できあがった年表を見ると、自分にどのような傾向があるのかが分かります。たとえば、「どのようなシチュエーションになると力を発揮しやすいのか」というようなことが分かるでしょう。また複数の事柄に共通するパターンを見つけると、長所や短所を把握するヒントになりやすいです。大切なのは抽象的に把握するのではく、具体的な言葉に置き換えることです。それによってセルフイメージが固まっていきます。

目次へ

思い込みがないかチェック!

1705_1_67 (2)

自己分析を行うときは思い込みを排除しなければなりません。たとえば応募したい企業が求める人物像を公表している場合は要注意です。その人物像に自分が合っていると思い込んで、そのような結果が出る自己分析を行ってしまうことがあります。そのように企業を意識した自己分析を行っても就活では役に立ちません。また昔からの思い込みにも気をつける必要があります。人は多かれ少なかれ自分に対する思い込みがあります。たとえば、幼いころに引っ込み思案と言われ続けた人は、成長後も自分はそうであると思っている場合があります。しかし実際には、大人になるにつれて性格が変わるケースは珍しくありません。そのような誤った思い込みを自己分析のベースにしないように注意しましょう。

目次へ

短所探しにならないように気をつけて!

精神状態をフラットにして実施することも大切です。マイナス思考の状態で行うと、短所にばかり目がいってしまいます。新卒は就活を始めるときは不安になることが多いです。就活が順調に進まないと自己嫌悪に陥るケースも少なくありません。そのような精神状態で自己分析を行うと、実際より悪いセルフイメージができあがりやすいです。悪い結果を見て、さらに落ち込むという負の連鎖が生じてしまいます。そのため自己分析を実施するときは、短所ばかり注目しないように気分をリセットしましょう。それでも短所に目がいってしまうなら、ポジティブな言葉に置き換えるのがおすすめです。たとえば、「消極的」の場合は「冷静沈着」などと表現しましょう。

目次へ

やり直してもOK!正しい自己分析を行おう

1705_1_67 (3)

初めて自己分析を行う新卒は難しいと感じるかもしれませんが、就活が上手くいかず、結果が正しくないと感じた場合はやり直してみましょう。今回紹介したポイントや注意点を理解して、ぜひ正しい自己分析を行ってください。

就活で成功したい学生はジョブコミットへ!

目次へ

就活生に人気の記事!

「長所は明るい性格です」!どう語る?自己PR

難関企業から内定を取りまくった人に共通点とは?

「挨拶ができる」は立派な自己PR!

性格の穏やかさを自己PRとして伝える方法

最終面接・役員面接の対策方法、心構えとは?

会社説明会の案内に対する返信メールのマナー


image4493

就活イベントに参加してみる!

関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、2016年8月1日時点で「内…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…
最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る