何が問われる?新卒の作文対策

1705_1_56 (1)

近年入社試験に作文を課す企業も少なくありません。作文と聞くと何を書いたらよいのかと、戸惑ってしまう方も少なくないでしょう。しかしポイントを押さえれば作文もそう難しいことではありません。志望動機、会社に入ってやりたいこと、時事ネタについてなどテーマはさまざまありますが、その根底にあるのは皆同じことです。今回は文を書くにあたってなにを考えて書けばよいのか、企業は何を問いたいのかをポイントに解説していきます。

志望動機

新卒の筆記試験のテーマとして取り上げられやすいのが志望動機についてです。他の会社ではなくなぜその会社で働きたいかを強くアピールしましょう。ポイントは自分が実現したい目標と、会社に入ってできることをリンクさせることです。例えば会社に入って開発など特定の仕事に携わるのが夢だった、というのはわかりやすい例ですが、志望動機で評価されるのはその一歩先のビジョンです。仕事に携わり、その結果自分がどうなりたいのか、そして会社はその結果どういったメリットを得るのかを明確にイメージしましょう。

やってみたい仕事について

1705_1_56 (3)

新卒で入社をしてやってみたい仕事を考えるのも大切な対策です。開発に携わりたい、事務として会社の繁栄の為にサポートをしたい、やってみたい仕事はさまざまあるでしょう。企業はどのような目標をもって入社したいと考えているか見極めようとしています。作文ではやってみたい仕事を述べるだけではなく、キャリアを計画して記述するようにしましょう。例えば「営業職に就きたい」の一歩先、「営業職になり30歳には役職に就いて仕事をまとめられるようになる」だとか「5年で経理のことならなんでもわかるスペシャリストになる」でもよいでしょう。その仕事をして自分がどんな人材になるかまで含めてアピールするのが望ましいです。

学生時代に力を入れたこと

作文問題で「学生時代に力を入れたこと」が出題された場合、志望者がどのような考え方で生きてきたかが問われている場合が多いと言えます。新卒といえど18年、あるいは20数年生きてきたなりの価値観が必ず備わっています。その価値観と会社の価値観がマッチするか問われます。同じ部活をがんばってきた人でも「規律に従い与えられた課題に取り組んでいく忍耐力を大切にしてきた」と「他より一歩先に行く技術を目指して独自で練習してきた」では全く違います。自分が何を目指して何を大切にしてきたのかを明確にし、そこで得たものをどう会社で活かせるかを書くとよいでしょう。協調性や独自性など、自分のアピールしたい人物像が読み取れるよう、経験を交えて描写しましょう。

時事ネタ対策

時事ネタ、最近気になるニュースなどのテーマは広告系の業界で多く出題されます。ニュースの対する独自の観点を問うのが目的です。普段からニュースや新聞に目を通し、それに対する考えをひとつはもっておくようにするのが対策です。ある事件が社会にとってでもよいですし、もちろん学生にとってどうあるかでもよいでしょう。問題の本質を絞り、それについてどのような考えであるかを書きましょう。ひとつのニュースが時間の経過とともにどう扱われているかを観察するのも有効です。ポイントはメリット・デメリット、あるいは良いこと・悪いことを両方上げることです。自分の目線からだけでなくより広く評価することによって視野の広さがアピールできます。

ゴールは入社よりも遠くへ!

1705_1_56 (2)

新卒の作文試験はたくさんの対策本も出され、入社の大きな課題となっています。さまざまなテーマが出されますが、ポイントは目標を「入社」ではなくより一歩先に投げかけることです。企業に入って何がしたいかがわからなければ仮に入社したとしたとしても齟齬が生まれてしまいます。入社前、面接をよりよい機会と考えて自分の働く目標についてじっくりと考えることが大切です。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る