新卒がインターンシップに採用されるために!自己prのコツ4つ

1705_1_57 (1)

インターンシップとは研修生の名目で企業に体験入社できる制度のことです。企業に顔を売ることができるうえ、経験を積み重ねられるので人気企業ともなれば多くのインターンシップ志望者が殺到します。そんな中、ライバルに差をつけて選考を勝ち抜くためには履歴書で自己prを成功させる必要があります。採用担当者に好印象を抱かせて記憶に残ることが大切です。
ここでは、新卒がインターンシップの自己prで気をつけることについてまとめました。

結論が分かりやすい文章を心がける

履歴書を目の前にすると新卒の就活生は「長い文章がいい文章」と勘違いしてしまいがちです。しかし、大勢の書類選考を行う採用担当者の気持ちになって考えてみれば、長い文章を読むのは苦痛に思えることでしょう。しかも、ダラダラと不必要な文章で埋め尽くされた履歴書であれば、途中で読むのをやめてしまう可能性すらあります。
履歴書の自己prで気をつけたいのは結論を分かりやすく書くことです。「私の長所は」や「私が御社に貢献できる点は」などの書き出しで簡潔に論旨を伝えましょう。また、結論を文頭に持ってくるように工夫すると、担当者が続きを読んでくれやすくなります。履歴書では美しい文章よりも、記憶に残る文章を心がけましょう。

具体的なエピソードで裏づけを

インターンシップとはいえ、企業で働かせてもらうわけですから履歴書では「どのように企業の役に立つのか」を示す必要があります。インターンシップの期間は企業にとってのお客さんではなく、社員と変わらない扱いを受けるためにそれなりの覚悟と能力を伝えておいたほうがいいでしょう。
しかし、いくら自分が有能な人間だと主張しても説得力がなければ採用されにくいといえます。そこでおすすめなのが具体的なエピソードで論旨を補強する方法です。たとえば、「自分は几帳面な人間です」と主張するなら、部活動やゼミなどを振り返って証明できるエピソードを盛り込むと説得力が増します。履歴書の自己prでは自己分析の精度が問われていると考えていいでしょう。

企業に合わせたprを行う

1705_1_57 (2)

新卒がインターンシップに申し込むときは、自分の長所を訴えることはもちろん大切ですが、闇雲に列挙するだけでは企業の印象には残りにくい傾向があります。自己prでは量よりも質を意識するようにしましょう。そして、企業のコンセプトや仕事内容に合った自己prを行うことで採用担当者の心をつかむことができます。
たとえば、いくら語学に堪能でも外国人と仕事をする機会がなければ有効な自己prとはいえないでしょう。一方で、地元を出たことがないというコンプレックスがある人でも地域密着型の企業に応募するなら「地元愛があり、地域社会に貢献してきた」と話を膨らませることができます。企業に合った自己prを書くためには企業研究を深く行い、自己分析と照らし合わせることが重要です。

インターンシップを通しての目標を掲げる

新卒がインターンシップに応募するとき、熱意が判断基準となることが多いでしょう。企業はできる限り、やる気のある人間にインターンシップに参加してほしいと思っています。そのためにも受動的で消極的な印象がある応募者は不採用になりやすい傾向があります。逆に、熱意がはっきりと見てとれる履歴書は書類選考をクリアしやすいのです。
熱意を見せるのは志望動機と同じくらい、目標を強く掲げることです。インターンシップを通じてどんな力を身につけ、どんな結果を残したいのかを具体的に示しましょう。目標がはっきりしている人間は努力を厭わないだろうと企業は考えます。ただし、あまりにも独りよがりな目標は敬遠されるので経営理念と矛盾しない目標を書きましょう。

自己分析と企業研究が成否を握る

1705_1_57 (3)

インターンシップに採用されやすい自己prとしては、自己分析と企業研究の精度が鍵を握っています。自己分析では人生を振り返り、自分の適性を見出すように心がけましょう。長所だけでなく短所も分析することで適性は明らかになっていきます。また、自己分析と相性のいい企業を見つけることも重要です。企業の表面的な情報だけでなく、可能な限り経営理念や雰囲気などもリサーチしておきたいところです。
もちろん、自己分析が苦手な人もいるでしょうし、企業の内情はすぐには分かりづらいものです。そこでジョブコミットなどの就活サイトをのぞいてみることをおすすめします。自己分析や企業研究のノウハウが掲載されているジョブコミットは新卒の就活をサポートしてくれるでしょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る