インターンシップの自己prがなかなか書けないときは

1705_1_31 (1)

インターンシップに応募するときに自己prはなにを書けばよいのだろう、と考えてしまうことがあります。応募先の会社に自慢できるような経験や、目にとめてもらえるような特別な実績もない、と悩むこともあるでしょう。中にはこんなことを書いて大丈夫だろうか、など自己prに関する戸惑いはつきないものです。しかし、避けては通れない自己pr。なかなか書き出せない方は少し肩の力をぬいて自己prとはどのように書けばよいか、採用担当者はどこに注目しているのかについて考えてみましょう。

自己prできることがない、という方は

せっかく良いところがあるのに、自分では気づきにくいことは多々あります。謙虚な方であればあるほど、自分なんて大したこともしてきていないので自己prなんて書けないと考えがちです。しかし、それはもったいないことですし、インターンシップを検討している場合には自己prが必要になることがほとんどです。なかなか書けなくて煮詰まってしまったときには、周囲の人に聞いてみることから始めてみましょう。他人から見る自分への評価は、案外違っていることがあるものです。例えばなかなか決断することができないところが短所と思っていても、他人からみたら慎重な性格と映ることがあります。いつも周りの人にあわせてばかりだと思っていても、協調性がある人物とみられていることもあるでしょう。他者からみた自分の姿を知ることで違った視点を養うことができます。

自分の長所を分析してみる

1705_1_31 (2)

他者の意見を参考にした後は、自分はどのようなことが得意なのだろうかということを考えてみましょう。まず思いついた順番に自分の強みについて書き出してみます。自分の気持ちに正直に向き合うことが大切です。また、他者の意見と違いがないかを確認していきます。ある程度書き出すことができたら、自分像ができあがってきますので、それを自己prの文章につなげていくようにします。単語で区切ることで、いきなり文章を書かなければと身構えることがなくなり、まったく書き出せなくて煮詰まってしまうことを防いでくれるでしょう。ひとつ気にしておきたいことは、自己満足だけに留まっていないかをしっかりチェックすることです。自己満足に終わってしまうと内容に説得力がなくなる可能性があります。

長所が活かされた経験を探す

次に、リストアップした自分の長所が活かされた場面を探して自己prに付け加えていきましょう。ですが、そのような場面が思いつかずに自己prが書けないという状況に陥る人もいるかもしれません。その理由として、インターンシップの選考に通りたいという気持ちが強いために、特別な経験や目にとまるような実績を探そうと一生懸命になってしまうことがあげられます。しかし、そのような経験は必要ありません。インターンシップ先の会社は特別な経験を知りたいわけではなく、応募した方の人柄を自己prから知りたいと考えているからです。自分の長所を活かして役にたったという経験や真剣に取り組んできたことで改善されたことなどの身近な例でも十分に自己prになります。

長所をインターンシップでどのように活かせるか

等身大の自分の長所と、それを活かした経験を含んだ自己prができたところで、とりあえず一安心という気持ちになるでしょう。しかし、これだけではまだ完成したとはいえません。次に自己prに盛り込んでおきたいのは、インターンシップ先との繋がりをもたせるような書き方です。長所と経験から、インターンシップではこのようなことで役に立ちたい、取り組んでいきたい、というような内容を考えてみましょう。採用先の会社は自己prから応募者の人柄だけでなく、仕事への熱意や会社との相性なども知りたいと思っています。そのため、自己prで自分の過去の実績をアピールするだけでは採用先には響きません。会社は、過去の実績や自慢を聞きたいわけではないので書き方には注意が必要です。

自己prの目的は

1705_1_31 (3)

インターンシップに応募する際に、自己prが書けないと悩んでしまう方も多いでしょう。書けない理由としては、自分の長所がよく分からない、自慢できることがない、ということから始まります。長所が見えてきても、次にその長所がどのようによい影響を与えてきたかわからないこともあるでしょう。インターンシップ先でどのようにその長所を活かせるのかというところまで辿りつくのは時間がかかる作業です。自己prでは、自分のことを必要以上によく見せようという気負いは捨ててみましょう。自己prの目的はインターンシップ先に自分という人物を知ってもらい、どのようなことで役に立てるのかを知ってもらうためのもの、とシンプルに考えることが大切です。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、20…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る