インターンシップに応募したい!自己prのポイントとは?

1705_1_22 (1)

就活を始めるにあたって、初めてやってくるイベントともいえるのがインターンシップです。インターンシップには毎年多くの学生が応募しており、高い倍率を誇る企業もみられます。そんなインターンシップに受かるためには、どのような自己prが効果的なのでしょうか。実は企業側にとっては、インターンシップにはいくつかの目的があります。採用に直結するタイプのインターンシップやそうでないインターンシップなど、目的別に自己prを書くためのポイントを紹介します。

まずはインターンシップの目的を押さえよう

1705_1_22 (3)

インターンシップを実施する企業にとって、インターンシップの目的は複数あります。学生にとってもチェックを欠かせないのは、採用活動の一環としてインターンシップを行うものです。人気企業では、応募するための条件としてインターンシップへの参加を求めているケースもあります。採用活動の一環であるため、数週間から2カ月程度と、比較的長い期間実施されることが特徴であり、その期間を通して学生の能力や適性をじっくりと見定めていきます。また他の目的として、企業PRや、学生にアルバイトのような活動を期待するインターンシップがあります。企業PRが目的のインターンシップは、比較的短期間での活動であり、簡易的な業務やセミナーが中心となります。アルバイトのような感覚でのインターンシップは、中小企業やベンチャー企業などでよくみられ、実践的な業務に携わる機会もあります。このようにインターンシップの目的を理解したうえで、自分の希望に沿うような応募先を選び、自己prを練ることが大切です。

目指す業界・職種が決まっているときは

もしインターンシップへの応募段階で、すでに目指す業界・職種が明確な場合は、採用活動の一環として行われるインターンシップを探してみると良いでしょう。あるいは、希望する業界や職種への理解度が上がるようなインターンシップもおすすめです。こういったインターンシップでは、希望する業界・職種や応募先企業への熱意をアピールすることが重要になります。たとえば志望動機では、業界・職種の魅力や応募先企業の強みを端的に述べ、それと自分の強みや目指したいビジョンを関連付けながら記入していくと良いでしょう。自己prでも、応募先企業で仕事をする際に役立つようなスキルや適性を、具体例を元に伝えることがポイントです。たとえば「◯◯のためにこの業界を志望しています。特に◯◯という強みがある御社で働くことで、◯◯というビジョンを実現したいです。そのために◯◯を経験し、必要なスキルを積んできました」などと書いていくと良いでしょう。

業界や職種に迷っているときは

1705_1_22 (2)

就活が始まったばかりの段階では、なかなか志望する業界や職種が決まっていない場合があります。そのような場合は、インターンシップを通して業界や職種への理解を深めたり、社会人としての基本的な能力を鍛えておいたりすることがおすすめです。企業prのためのインターンシップや、アルバイトとしてのインターンシップに応募してみましょう。こういったインターンシップでは、なかなか志望動機や自己prがまとまらないこともあります。そのようなときは、応募先企業の強みなどをふまえた最低限の志望動機は必要ですが、それ以上に、インターンシップを通して得たいスキルや目指したい目標をアピールしてみると良いでしょう。たとえば「◯◯のサークル活動を通して、◯◯という弱点に気づいた。御社のインターンシップで◯◯という職種や◯◯という業務を経験することで、その弱点を克服し、就職活動に臨みたい」といった自己pr方法があります。

自己prを書くにあたってのポイント

インターンシップでの自己prでは、志望する業界や企業の強みを踏まえた志望動機や、志望先企業で活躍するための適性のアピールが大切です。特に、インターンシップの面接官は応募者のことを全く知らないため、書類だけで人となりが伝わるような分かりやすい自己prを作成することがポイントとなります。そのためには、できる限り具体的な記述を心がけましょう。たとえば単に「営業の職種について理解を深めたい」というよりも、「営業のインターンシップを通してヒアリング力や提案力を向上させたい」と書いたほうが、熱意やビジョンが伝わりやすくなります。自分の強みを書く際も、「アルバイトの◯◯という経験を通してリーダーシップを培った」などと、具体例を添えましょう。

インターンシップの目的に応じて自己prを工夫しよう

インターンシップには、採用に直結するものから、企業prやアルバイト感覚のものなど、さまざまな目的があります。こういった違いを踏まえて、インターンシップの応募先を選ぶことが第一歩となります。自己prでは、インターンシップの目的に応じて、重点的に記載する内容を工夫することが大切です。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る