新卒採用で支払われる交通費支給について

1705_1_18 (1)

ほとんどの新卒採用では、求職者が志望する会社に出向いて試験や面接を受けることになります。その際、必ず発生するのが交通費です。遠距離でないかぎり、一回あたりの交通費はそれほど大きい額にはなりません。しかし、試験や面接を重ねると少しずつ負担が大きくなってくるのが交通費です。ケースによっては、交通費が支払われる場合もありますが、どのような場合に支払われるのでしょうか。支払われる際はどのような点に気をつければいいでしょうか。今回は新卒採用における交通費支給を見ていきます。

必ず支払われるとは限らない交通費

初めて求職活動をする新卒者の中には全ての選考過程において、企業が交通費を支給すると思っている方も多いでしょう。しかし残念ながら、求職者に対して交通費が支給されるのは選考がある程度進んでからになることが多いです。そのため、交通費が支給されない場合は、交通費は全額自己負担になります。一般的に、一次選考などの最初の選考過程では交通費はほとんど支給されません。企業側から考えると、多くの応募者に交通費を支給するのは大変な負担になります。最近ではSkypeを使って面接をする企業も増えていますが、基本的に一次選考は「交通費は自己負担」と覚えておきましょう。

交通費が支給されると内定?

1705_1_18 (2)

一般的に、選考が進めば進むほど交通費が支給される可能性が高まります。おそらく最終選考になると、ほとんどの企業が交通費を支給するでしょう。「交通費支給=内定」と考える人もいるかもしれませんが、油断は禁物です。内定と交通費支給は全く関係ありませんので注意しましょう。それでは、なぜ選考が進むと企業側は交通費を支給するのでしょうか。ひとつには「遠いから受けるのをやめよう」と思う優秀な求職者が出ることを防ぐ目的があります。言い換えれば、交通費支給に値する価値のある求職者ということになります。ですから、選考が進み交通費が支給されることに対して、ある程度の自信を持つことは悪いことではありません。ただし、交通費支給から勘ぐって過度な期待を持つのはやめましょう。

交通費支給だったら何に乗ってもOK?

交通費が支給される場合は何に乗ってもよいというわけではなく、ある程度利用できる交通手段が限られます。まず、交通費が支給される対象はバス、鉄道、飛行機などの公共交通機関です。したがって、自家用車のガソリン代やタクシー代を請求することはできません。次に、新幹線や飛行機などの長距離移動の場合は普通車やエコノミークラスを選択しましょう。間違っても、グリーン車やビジネスクラスを選んではいけません。請求できないばかりか、あなたへの心象が悪くなってしまいます。「なるべく安価な公共交通機関を利用しないといけないのでは?」と心配になるかもしれませんが、長距離の場合は体への負担を考えて飛行機や新幹線を利用しても問題ありません。

☆交通費支給の際に準備すべき書類

多くの企業では交通費支給をする代わりに公共交通機関が発行する領収書の提出を求めることがあります。新幹線や飛行機ですと、購入時、もしくはチェックインの際に領収書が発行されます。問題は近距離の鉄道を利用する場合です。自動発券機に「領収書発行」のボタンがある場合は、ボタンを押して領収書を手に入れましょう。「領収書発行」のボタンがない場合は、駅員に切符を見せたうえで、領収書を発行してもらいます。宛名は志望する企業名で構いません。なお、駅員が領収書を発行する場合は数分程度、時間がかかる場合があります。時間には余裕を持って行動しましょう。また、原則として切符がない状態で領収書を発行することはできません。確実に領収書をもらうクセをつけましょう。

交通費支給の処理は社会人になってから役立つ

1705_1_18 (3)

交通費支給の考え方を説明しましたが、新卒の方ですと「面倒」と思うかもしれません。しかし、交通費支給の処理は社会人になっても役立ちます。社会人になると、ほとんどのケースで企業から交通費が支給されます。しかし、適切な処理をしなければ交通費は支給されません。新卒の頃から、適切な処理をする習慣を身につけておきましょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る