知らないとまずい!インターンに合った女性の髪型とは?

1705_1_9 (1)

就活をする女性の中には、髪型や色などを変えなくてはいけないということに不満を持っている方はきっと多いはず。髪の色を黒くしたり、パーマをかけ直したりすることを考えると、嫌になることばかりかもしれません。しかし、就活をするのであれば、髪型もそのときに合わせて整える必要があります。なぜなら、髪型が与える印象は就活に必ず影響を及ぼすからです。ここでは、インターン時の女性に適した髪型について考えていきます。

髪の色が明るいだけで評価が下がる?

1705_1_9 (3)

インターンに参加する女性が、最低限守りたい髪型のポイントは3つあります。
まず挙げられるのが、前髪の長さです。額が出るように前髪を整えることで、明るい印象を与えることができます。眉毛を見えるようにすると、さらに良いでしょう。
次に注意したいのが、ヘアアクセサリーについてです。女性の中には、ヘアアクセサリーをつけないと髪型がまとまらないという方もいるかもしれませんが、基本的にはつけないようにします。ただし、どうしてもつけるのであれば、黒色で小さなものをつけるなど、目立たないものを使用するように心がけましょう。
最後に気をつけたいのが髪の色です。明るい色は、それだけでも評価を落とす可能性があります。一番良いのは黒髪ですが、カラーリングをしていても自然な色に最低限戻すようにすることが大切です。

知っておこう!黒髪が与える印象とは?

インターンに参加する女性に最もふさわしい髪の色は黒です。しかし、なぜ茶髪などの明るい色は好まれないのか不満に思う女性もいるかもしれません。
まず、黒髪は清潔感という印象を与えられるというメリットがあります。また、真面目や知的というようにポジティブな印象も与えることができます。逆に明るい色の髪を見ると、清潔感にかけるというネガティブな印象を与えることに繋がります。
企業は見た目だけでなく、その人が持っている能力などを見て採用するかを判断します。しかし、同じ能力を持っていても髪の色が違うだけで、人が感じる印象は変わってきます。そのようなもったいない状況を避けるためにも、できるだけ自然な色に髪色を戻してインターンに望むのが良いでしょう。

インターンの時に気をつけよう!ショート・ミディアム編

ショートやミディアムの髪型の女性がインターン時に気をつけたいのが、できるだけ顔全体を見せるように髪型を整えることです。
髪をそのままおろすことで、ショートやミディアムのような短い髪型でも顔が隠れてしまうことがあります。その場合、どうしても暗い印象を与えてしまうことになるでしょう。髪を耳にかけるように工夫したり、髪をピンで留めたりするなど、できるだけ顔の輪郭を見せるようにすることが大切です。また、前髪もおろすと重たい印象を与えてしまうため、おでこを見せるように整えると良いでしょう。場合によっては、前髪を分けてみたり切ってみたりと工夫をすることで、明るい健康的な印象を与えることができます。

インターンの時に気をつけよう!ロング編

ロングヘアーの女性は、できるだけスッキリとした印象を残せるように髪型を整えることが大切になります。顔に前髪や横髪がかかってしまうと、髪を直すしぐさを何度も繰り返すことになるので、マイナスの印象を与える可能性があります。対策として、髪が顔にかからないようにピンなどで留めるようにしましょう。また、ポニーテールのようなアップスタイルで真面目な印象をアピールするというのも効果的ですが、耳の高さで結ぶことでより真面目で良い印象を与えられるので、知っておきたいところです。さらに、ロングヘアーでおすすめの髪型がハーフアップです。どのような年代の方でもハーフアップに悪印象を持つことは少ないため、試してほしいスタイルのひとつになります。

インターンは清潔感を出すことが大切!

1705_1_9 (2)

インターンのときに重要視したいのが清潔感を出すことです。特に、髪型は清潔感が出やすい部分でもあります。
少しでもインターンを有利に進めるため、おしゃれを我慢して清潔感のある髪型を目指してみてはいかがでしょうか。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る