挫折(辛いこと)を乗り越えた経験について聞かれたときの回答法

201703-12-1

挫折を乗り越えた経験について質問する意図は?

就活のエントリーシートや面接においてよく聞かれる質問の一つに、「挫折(辛いこと)を乗り越えた経験」があります。

 

この質問をする意図は、主にストレス耐性などの精神的な強さをみています。

入社後に経験するであろう、仕事における困難な状況や、乗り越えなくてはならない壁がある時に、頑張れる人かどうか?自分で考えて行動できる人かどうか?

という部分を確認しているのです。

 

この質問に対して、ストレス耐性や精神的な強さをアピールできることができれば、内定に一歩近づくことができるのです。

 

挫折を乗り越えたエピソードについて話すときのポイント

201703-12-2

挫折経験について聞かれたときは、以下の順番で回答することを心がけましょう。

(1) 学生時代にもっとも辛かった(挫折した)経験は○○である

(2) なぜ、○○がもっとも辛かったのか?

(3) ○○は、具体的にどのような状況だったのか?

(4) ○○の状況を乗り越えるにあたって、具体的にどのような行動・努力をしたのか?

(5) ○○の行動・努力によって、状況はどのように変わったのか?

(6) ○○の経験によって、得たものはなにか?

(7) ○○の経験によって得たものは、企業においてどのように活かすことができるか?

 

まず、どのような挫折経験をしたのかについて簡潔に説明しましょう。

その上で、それがどのような状況で、それを乗り越えるために、どのような行動をとったのかについて、採用担当者にイメージがわくようになるべく具体的に答えてください。

最後は、その経験から得たものを仕事のどのような場面で活かすことができるかというところまで、イメージして伝えましょう。

「困難を乗り越えるために、自分で考えて行動できる」ところをアピールすることが大切です。

 

挫折を乗り越えたエピソード例

201703-12-3

最後に、某大手企業内定者の、挫折経験を乗り越えたエピソード例をまとめておきます。

是非、参考にしてみてください!

————————————————————————————————

私が学生時代にもっとも辛かった経験は、高校時代、一度退部したサッカー部へ再入部した経験である。

高校1年生の6月、サッカーと勉学の両立に悩み、10年間続けてきたサッカーを辞めてしまった。サッカーを辞めたことで、当時の私にとって最も大切なサッカーと仲間を、すべて失ったことに気付いた。そして、半年後に再入部を決意した。

その中でもっとも辛かったことは、監督、チームメイトの信頼を完全に失っていたという点である。まともに口も聞いてもらえず、練習試合でもパスがまわってこなかった。

もちろん、公式戦のメンバーに入ることもできなかった。

「信頼を取り戻したい」という思いから、私は毎朝6時に登校し、1日7キロの走り込みを続けた。荷物持ちのタスクにおいても、もっとも重いクーラーボックスを毎回率先して運んだ。この作業を約1年続けたことで、思いが監督とチームメイトに伝わり、高校2年生の秋から、部員60名のチームでレギュラーを獲ることができた。

また、当時のチームメイトとは現在も強い絆で結ばれている。

この経験から、困難な状況の時に大切なのは、言葉以上に「今自分にできること」について考え、とにかく行動に移すことであると学んだ。

貴社の営業現場においても、お客様の信頼を勝ち取るために、言葉ではなく行動で示す姿勢を大切にしていきたいと考えている。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る