面接の8:2の法則

201703-8-1

 

頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則

就活生のみなさんは、面接の8:2の法則をご存知ですか?

8:2の法則とは、面接を受けにくる就活生の約8割が、同じような自己PRや、学生時代に頑張ったことをアピールするため、別の視点で自己PRを行う2割の就活生が、自然と面接に受かってしまうという法則のことを指します。

では、8割の学生はどのような自己PRを行っているのでしょうか?

 

実例付き!8割の就活生が語る、ありがちな自己PR

201703-8-2

□自己PR例

  1. 私は、コミュニケーション能力に長けています。学生時代は、ゼミ長として○○の発表の責任者として学生20名をまとめました。最初は、なかなかまとまらなかったのですが、メンバーひとりひとりとのコミュニケーションを密にすることで、発表を成功させることができました。この経験は、貴社に入社後も生かせると考えています。

 

  1. 私は、行動力があります。学生時代は、○○サークルに所属し200名のメンバーとダンス公演を成功させました。集客においては、チラシ作成やSNSを活用して取り組み、練習においては、メンバーが一致団結できるよう様々な工夫をしながら行動しました。

結果、本番では500名の集客に成功し、メンバー200名と感動の瞬間を味わうことができました。

 

どちらもそれっぽいですが、非常にありがちで、面接官の印象を下げる自己PRです。

まず、行動力やコミュニケーション能力といった曖昧な長所をアピールすることはやめましょう。行動力やコミュニケーション能力があるかどうかは、面接官が会話の中で判断することです。

例えば行動力をアピールするのであれば、人の嫌がることを率先してやるなど、具体的に心がけていることについてアピールしましょう。

また、自己PRの中で工夫したポイントとして、ひとりひとりとコミュニケーションをとったというような抽象的な言い回しは、みんなが使うのでやめましょう。

 

2割の就活生が実践している、自己PRの伝え方

201703-8-3

自己PRの伝え方においては、以下の順番で伝えることが重要です。

 

  1. 結論

⇒「私は○○な人間です」または、「○○を大切にしています」といった内容を、一言で伝えましょう。コミュニケーション能力などの曖昧な表現ではなく、「汚れ役を率先してやる人間です」や、「小さな気配りを大切にしています」など、自分なりの表現で伝えることが重要です。

 

  1. 取り組みの動機

⇒「学生時代は、自らの○○の弱点を克服したいと思い○○に挑戦しました」、「学生時代は、○○の影響で○○に取り組みました」など、取り組みの動機について話してください。

取り組みの動機から、あなたの人間性や成長の伸びしろを伝えることができます。

 

  1. 自分なりの具体的な工夫

⇒どんな取り組みにおいても、必ず困難な状況が訪れると思います。そのような状況を乗り越えるための、「自分なりの工夫」を伝えましょう。

自分なりの工夫の中から、あなたのポテンシャルを伝えることができます。

 

4, 取り組みから得たもの、仕事で活かせるポイント

⇒取り組みから得たものを端的にまとめて伝えましょう。その上で、仕事のどんな状況において活かすことができるか、具体的に伝えましょう。

入社後のイメージを面接官に持ってもらうことが大切です。

 

是非、参考にしてみてください!

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、20…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る