第二新卒の転職活動は、上手な転職サイト選びが成功のカギ

Close up of the hands of the businessman with a mobile phone and coffee near the fountain. Outdoors

優良企業がビジネスマナーの身についたフレッシュな第二新卒の存在に注目し、よい条件の求人数が増加傾向にあります。転職希望者はこうした第二新卒を求める企業と、若手の転職希望者のマッチングサービスをおこなう転職サイトのサービスを上手に利用しましょう。
限られた活動時間の中で、効率よく情報をあつめて、はじめての転職活動を成功させるには、転職サイトの利用が欠かせません。転職サイトで受けられるサービスの現状と、自分にあった転職サイトの選び方のコツについて紹介します。

 

転職サイトの人気の秘密とは

201702-2-2

忙しい第二新卒者が効率良く転職活動を行うために、転職サイトの利用がごく一般的になりました。多くの転職希望者が、1社だけでなく複数の転職サイトに登録することで、積極的により条件のよい求人情報を得ようとしている傾向も見られます。
人気の秘密は、ほとんどのサイトで転職希望者は無料で転職サイトのサービスを受けることができることにあります。転職サイトは求職者と企業のマッチングをおこない、転職者が就業した時点で、企業からインセンティブを受け取ります。企業は転職サイトを利用することで、条件にあった転職希望者にピンポイントで応募してもらうことができるので、採用にかかる手間とコストを削減することができます。転職サイトの活用は第二新卒の転職希望者にも、企業側にもメリットの大きいサービスなのです。

第二新卒者が転職サイトで受けられるサービスとは

具体的に第二新卒の転職希望者が転職サイトに登録すると、どんなメリットがあるのか見ていきましょう。まず転職サイトに登録すると、第二新卒対象の求人を閲覧することができます。転職サイトには職種・年収・働き方など、第二新卒の転職希望者が知りたい情報が記載されており、条件をしぼって求人を検索することも簡単にできます。転職サイトが抱えている求人の中には一般に公開されていない募集も含まれており、これを閲覧できるのは転職希望者には大きなメリットとなります。また登録することでコンサルタントに、キャリアの相談に乗ってもらえたり、条件にあった求人を探してもらえたり、企業からスカウトを受けとるサービスを受けられる転職サイトもあります。

転職サイトの登録はかけもちが常識?

転職サイトのかけもち登録が常識だからといって、手当たり次第に目についた転職サイトすべてに登録を行うのも考えものです。転職サイト側では、登録者のプロフィールに目を通し、自社で抱えている求人と少しでもマッチしていると感じたら、登録社に連絡をとり、面接をうけるように積極的に働きかけをしてきます。第二新卒の転職希望者の多くが、日中は現在就労している企業でフルタイムで業務を行い、退社後や休日など限られた時間で転職活動を行うケースがほとんどです。数多くの転職サイトに登録していると、担当者とのやりとりにかなり時間をとられてしまいます。それが理由で応募書類のブラッシュアップや、面接の準備にかける時間が取れなくなるようでは本末転倒です。

自分にあった転職サイトの選び方

201702-2-3

第二新卒者が転職活動を成功させるために、自分にあった転職サイトを厳選しましょう。転職サイトはそれぞれの強みを打ち出しているので、そのサイトを実際に利用した人の口コミを参考にして選ぶのがおすすめです。自分の転職したい職種の求人を多く抱えているかどうか、応募書類の添削や面接の訓練サービスの有無などが、転職サイトの選択のポイントとなります。転職サイトによっては専任のコンサルタントがつき、転職希望者が足を運んで担当者と面接を行うことで、きめ細やかなサポートを受けられるところもあります。自分が転職活動でどんなサービスを受けたいのかを洗い出し、ニーズにあったサイト2~3社にしぼって登録をおこなうのがおすすめです。

メンタル面でも第二新卒の転職をサポートする転職サイト

第二新卒の転職希望者は、「新しい場所でステップアップしたい」という人ばかりではありません。最初の就職先で「こんなはずではなかった」、「今の仕事から逃れたい」など挫折感を味わい、重たい気持ちの中で転職活動をはじめる人も多いのが実情です。そうした第二新卒の活動の負担を減らす意味でも、転職サイトの利用はおすすめです。転職サイトに掲載された同じような境遇で転職活動をはじめた人のレポートや、親身になってサポートしてくれるコンサルタントの存在は、きっと転職活動の支えになるはずです。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る