就活面接にて仕掛けられた罠。「あなたの短所はなんですか?」の必勝回答方法

4-2

面接で短所を聞かれる理由

photo7-1

就活面接ではよく、「あなたの短所はなんですか?」という質問がされます。就活生の多くは、自分の長所やアピールポイントについてはしっかり準備していきますが、意外とこの「短所」については準備を怠りがちです。

しかし、この質問の意図は意外と奥が深く、面接官も重要視している内容なのです。

受験してきた就活生が、「きちんと自分の足りないところを認識しているか?」「常に問題意識をもって生活しているか?」という点を判断し、入社後の成長の伸びしろを判断する材料にするのです。

そこで今回は、短所を聞かれた際に就活生がよく陥りがちな「間違った回答方法」と、面接官からプラスの評価を得るための「正しい回答方法」について、実例を交えて解説していきます。

 

 

 短所を聞かれたときの、間違った回答例

photo7-2

就活生と面接をしていると、8割近くの人が自分の短所を肯定します。「私の短所は、心配性なところです。しかし、心配性だからこそ準備を怠らない一面があります。」「私の短所は、頑固なところです。しかし、自分の信念を強くもつ姿勢は、ゼミの中で評価されていました。」

このように、短所を肯定した回答だと、面接官は受験者の伸びしろを感じることができず、評価をすることが難しくなってしまいます。短所であるにもかかわらず、認めてしまうことで、仕事においても悪いところを改善することができないのではないか?本質的に、自分の短所について考えていないのではないか?というようなマイナスの印象を与えてしまうのです。

では、どのように回答すれば、面接官からプラスの評価を得ることができるのでしょうか?

 

短所を聞かれたときの、正しい回答方法

photo7-3

短所について質問された時は、必ず以下の順番で答えてください。

  1. 自分の短所を一言で
  2. その理由(要因)
  3. 短所を改善するために、過去・現在でとっているアクションについて

「私の短所は、内向的なところです。中学時代からずっと個人スポーツに取り組んでおり、団体競技が苦手だったことも影響していると考えています。そんな短所を克服したいと思い、大学時代は短期留学という形で自分のことを誰も知らない環境に溶け込む努力をしてきました。現在は、地域のバレーボールチームに参加し、様々な世代の方との交流を心がけています。」

「私の短所は、面倒くさがりなところです。幼少時代より、好きなことに集中できる環境を両親から与えられていたため、好きな事には人一倍集中できる一方、苦手な事は避けてしまう傾向がありました。

そんな短所を克服したいと思い、大学時代の部活動では、これまでやったことのなかった部長と言う立場から総勢30名の部員をまとめあげることに挑戦してきました。部活動を引退した今では、面倒に感じて参加したことのなかった、ゴミ拾いのボランティアに参加しています。」

このように、自分の短所をきちんと認めた上で、改善のアクションを過去・現在(欲を言えば未来)でとっていることが非常に重要です。

上記の3つのステップで答えることで、面接官に成長の伸びしろを伝えることができるのです。

是非、面接の参考にしてみてください!

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る