知っておきたい!就活における面接の身だしなみについて

16

就活においては、面接をいかに突破するかが重要になります。面接対策は質疑応答の想定や志望動機の明確化など、さまざまなポイントがありますが、面接に臨む身だしなみも重要です。身だしなみが原因で面接官の第一印象が悪くなってしまうと、その印象を面接中に覆すのは大変です。そのため、就活をする人は面接における身だしなみのポイントを知っておく必要があるでしょう。そこで、面接における身だしなみのポイントについてご紹介します。

☆就活における面接の身だしなみのポイントとは?

就活における面接では身だしなみが重要となりますが、そもそも身だしなみとは何なのでしょう?身だしなみとは、衣服や髪型などの見た目を良くしようとする心がけや、マナーのことだといわれています。誰のための心がけやマナーかといえば相手のためで、相手を大切に思う気持ちが身だしなみの出発点です。面接に置き換えれば、面接官に不快な思をさせないために身だしなみを整えるのです。身だしなみには清潔感と健康な印象、そして全体の調和がポイントになります。この3つが揃っていれば面接官が不快な思いをすることなく、良い第一印象を与えることができるようになるでしょう。

 

☆頭髪の身だしなみ

面接における身だしなみの重要性がわかったところで、具体的な身だしなみのポイントについてご紹介します。ポイントは頭髪・手や爪・靴や足元です。まず頭髪についてです。最低限気を付けるべきポイントは、寝ぐせを直すことと整髪料のつけすぎを避けることです。これをやってしまうと、清潔感がなくなってしまいます。続いて髪型についてです。髪型を整える場合のポイントは、額を出すことです。額は知性をつかさどる脳がある場所の表面部分になります。この額をある程度出すことで、相手に知的な印象を与えることが期待できます。また、明るい印象を与えるためには、耳から顎のラインを見せると効果的で、すっきり見せることができるはずです。女性の場合は、サイドの髪は後ろへ流すか束ねると良いでしょう。

☆手や爪の身だしなみ

続いて、手や爪の身だしなみについてです。頭髪とともに人間の先端部分にあたる手や爪は、自分が思っているよりも他人からよく見えるものです。そのため、頭髪や洋服でいくら身だしなみを整えても、手や爪が汚れているとそれだけで清潔感がなくなってしまいます。爪の汚れをきっちり落とすことが大切です。また、爪の長さにも気をつけましょう。男性の場合は、手のひら側から見たときに爪が見えない程度まで切っておくと良いといわれています。長い爪は、一部の業界を除いてマイナスになる可能性がありますので避けた方が良いでしょう。ただし、ファッション業界などの場合は、ある程度アピールをする方が効果的な場合もありますので、事前によく調査して業界と調和することをおすすめします。

☆靴や足元の身だしなみ

面接における身だしなみの最後のポイントは、靴と足元です。「足元を見られる」という言葉が、弱点につけ込まれることを表していることからもわかるように、足元の印象は重要です。足元の印象を大きく左右するのは、靴でしょう。靴はきれいに手入れしたものを履く必要があります。寝坊したため靴を磨く時間がなかったということにならないように、前日に靴を決めて磨いておくことをおすすめします。また、全体の調和を崩すことがないよう、スーツに合った靴を選ぶことも忘れないようにしましょう。靴下は靴とスーツの色に合わせるのが基本です。女性の場合、ストッキングは無難なベージュなどを選ぶ方が良いでしょう。

☆しっかりと身だしなみを整えて面接に臨もう

 

就活における面接の具体的なポイントは、頭髪と手・爪、そして靴・足元です。それぞれのポイントをしっかり踏まえて身だしなみを整えることで、面接官の第一印象は良くなるはずです。身だしなみを整えることが、結果的に自分の実力を発揮することにつながるでしょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、20…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る