就活セミナーの参加には服装選びも大切な要素!

12

就活を効率よく行なうためには、いろいろな角度から幅広い情報収集が必要になります。インターネットで情報収集するだけでなく、友人や知人に仕事を紹介してもらう方法もあります。また、企業などが開催する就活セミナーに積極的に参加することで、就職につながるかもしれません。セミナーに参加するときは、着ていく服装に迷う場合もあります。ここでは「セミナーに参加するときの服装について」と題して、就活中の人に役立つ情報をまとめました。

☆就活セミナーに参加するメリットは

就活をするときは、自分が希望する条件に合った求人を絞り込むことが大切です。その方法として、インターネットでの情報収集が簡単・便利ですが、サイト上の情報だけではわからない部分も少なくありません。そのため、就活セミナーに参加することで、自分が知りたい情報をストレートに収集できるのです。就活セミナーには、特定の企業が開催する「企業説明会」や、多数の企業による「合同企業面談会」などがあります。就活セミナーでは、企業担当者と直接会話できるチャンスが生まれるほか、新たな情報を得ることで就活の対象拡大にもつながります。また、面接対応講座や自己啓発講演会などが開催される就活セミナーもあり、社会人としての基本的なマナーが学べるなど、就活に有効活用できるメリットが注目されています。

目次へ

☆服装はスーツが無難!

みなさんのなかには、アルバイトの面接を経験した人も少なくないと思います。そのときに着ていく服装について、あまり意識しなかった人もいるかもしれませんね。しかし、就活の服装はスーツが無難だと考えておきましょう。学生のみなさんはもちろん、社会人のみなさんが就活をするときも、スーツの着用が常識になります。もちろん、就活セミナーに参加するときも例外ではありません。就活セミナーに着ていくスーツは無地のリクルートスーツで、黒・濃紺・ダークグレーから選びましょう。スーツに合わせるシャツは、襟付きの白シャツ。男性のネクタイは自分のアピールにつながりますが、派手や色柄を避けることがポイントです。就活だけでなく、就職後にも役立つものを意識すると良いですね。スーツやネクタイなどに迷ったときは、店員さんへの相談をおすすめします。

目次へ

☆服装自由のときは?

就活セミナーに参加するときは、内容をきちんと把握することはもちろんですが、服装の確認を怠らないようにしましょう。就活セミナーも含め、就活はスーツが無難ですが、なかには「服装自由」のところもあり、その受け止め方に迷う場合も出てきますね。結論からいうと「スーツ不可」の記載がない限りは、スーツが無難でしょう。どのような格好で参加するのか、様子をうかがっている企業担当者もいるかもしれません。また、参加者のなかで自分だけが浮かないためにも、スーツを着ていくと安心できます。もし、スーツ以外を着るときは、落ち着いた色でまとめることがポイントです。男性は、シャツとチノパンなどにジャケットを組み合わせると良いでしょう。女性の服装選びは、男性以上に迷うことも少なくありませんが、デザインなども考慮して控えめにまとめることをおすすめします。

目次へ

☆服装以外に気を付けることも

服装選びはTPOを意識することが大切です。就活セミナーへの参加により、進路が大きく開ける可能性も出てきます。そのためにも、スーツの着用をおすすめします。また、履き慣れた靴で出掛けることも考えましょう。カバンは、A4サイズの資料が余裕で入る大きさが目安になります。また、薄手のサブバッグを用意しておくと、持ち帰りの資料が増えたときも安心できます。靴やカバンの色は黒を選びましょう。就活セミナーに参加する前には、髪型のまとまりや爪の長さなどのチェックも大切です。男性はヒゲの剃り残し、女性は厚化粧にならないようにしましょう。もちろん、就活セミナー開催時間に遅れない、会場に出入りするときに挨拶することなども重要です。また、そのような基本的なことは社会人としてのマナーになります。

目次へ

☆セミナーに適した服装で自分をアピール!

服装はTPOに合わせることが大切です。また、そうすることで「やる気」をアピールできるだけでなく、就活のモチベーションアップにもつながります。そのためにも、就活セミナーに適した服装を心掛けて、内定を勝ち取りましょう。

就活で成功したい学生はジョブコミットへ!

目次へ

就活生に人気の記事!

「長所は明るい性格です」!どう語る?自己PR

難関企業から内定を取りまくった人に共通点とは?

「挨拶ができる」は立派な自己PR!

性格の穏やかさを自己PRとして伝える方法

最終面接・役員面接の対策方法、心構えとは?

会社説明会の案内に対する返信メールのマナー


image4493

就活イベントに参加してみる!

関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、2016年8月1日時点で「内…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…
最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る