就活の服装で需要な靴の選び方とは?

3

就職活動を始めるにあたって、買いそろえるアイテムはいくつかあります。まずスーツが思い浮かぶように、誰もがデザインや着心地、相手に与える印象を考慮し、吟味して選ぶことと思います。しかし、靴となるとそれほど意識して探すことは少ないのではないでしょうか。実際には、就職活動で靴はスーツと同じくらいに重要なアイテムなのです。では、どのような靴が就職活動に適しているのでしょうか。選び方のポイントをご紹介します。

 

☆重視すべきは「履き心地」

慣れない服装に身を包み、履き慣れないビジネスシューズやパンプスで歩くだけでも、初めはクタクタに疲れてしまうものです。さらに、就職活動期間中はセミナーや説明会、面接にと、一日のうちに何社もはしごしなくてはならなくなるでしょう。カバンや資料を抱えて歩き回るのですから、見た目重視で歩きやすさを後回しにしているような靴では到底戦えません。常識的なデザインは大前提として、自分の足になじんで歩きやすいものである必要があります。第一に、靴底がしなやかで硬すぎないものが歩きやすい靴です。靴底がやわらかければ良いかというとそう単純なものでもなく、自重が足裏に衝撃として伝わるので疲れやすくなってしまうのです。

☆就活序盤は「歩きやすさ」を重視して!

長い就職活動ですので、靴も使い分けが重要です。就活の序盤は説明会などが多く、大勢の中のひとりという状況でしょう。残念ながら、この段階ではひとりひとり細かく服装や靴を見定めることはまずありません。この時点では、場数を稼ぐことの方に重点を置かなくてはならないので、あちらこちらへと出向かなければならず、歩く機会も多くなっています。ですから、必然的に歩きやすさ重視で選ぶことを最優先すべきです。さらに、どんな靴を選んだとしても就活で頑張るほど靴はその分汚れていきます。帰宅したら柔らかい布でひとぬぐいしておきましょう。ちょっとくたびれてきたかなと感じたならば、ブラシをかけてクリームを塗っておきます。夏場は、一日中履いた靴はかなりの汗を吸っているので、できることならば2足用意して、交互に使うと清潔を保てます。

☆男性の王道靴とは?

スーツでも就活用の定番は決まっていますが、靴でも間違いのない王道のシューズがあります。「ストレートチップ」と「Uチップ」です。どちらもビジネスシーンで間違いがなく、悪目立ちしない靴です。靴ヒモがないタイプのものは、カジュアルすぎるので避けましょう。最初の一足は、ストレートチップを持っておけば間違いがないでしょう。冠婚葬祭でも使えるものです。Uチップもスタイルは似ていますが、つま先部分に、U字型の縫い目が入っていることが特徴的なビジネス用で好まれる靴です。ストレートチップよりもデザインが洒落ています。そして、デザインの次は色です。男性用の靴色は、一般的にブラウンとブラックの選択肢がありますが、就活では黒が正解です。フォーマルな場でも、黒がふさわしいものです。

☆女性の王道靴とは?

女性はパンプスとなります。就活の場で選ぶべきは「プレーンタイプ」と「ストラップ付きタイプ」のものです。プレーンタイプは、なにも飾りがないタイプのパンプスです。ストラップ付きのものに比べると脱げやすいという難点があるので、履き慣れていないという人はストラップ付きのものを選ぶと良いでしょう。ストラップ付きタイプは、足の甲の部分にストラップでホールドされていて、脱げる心配がないのが特徴です。ただし、ものによって金具の部分のデザインがさまざまです。派手すぎないものを選びましょう。色は、男性用と同様にブラックを選びます。素材では、エナメルは避けましょう。ビジネスシーンにはそぐいません。革か合皮がベストです。

☆ベストな就活靴を見つけたら

できることならば、本格的な活動が始まる前に、少し履いて慣らしておくと安心です。出先で靴擦れを起こしてしまったならば、気持ちも沈んで表情も暗くなってしまいかねません。事前にできる準備をしっかりしておけば、自信を持って就活に臨めますね。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、20…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る