資格があるほうがいい?就職に有利な持っているのが望ましい資格とは?

%ef%bc%92%ef%bc%98

就活で気になることのひとつに資格があります。就きたい職業に必要な資格を取得しておくことは当然のことです。しかし、条件として特に明記されていなくても、持っていることで印象が変わる資格もあります。中には経験ややる気を優先する企業もあり、資格は入社後でも可能なケースなどもみられます。新卒採用や中途採用に限らず、取得制度を設けているところや資格に必要な実務経験が見込める企業への入社も視野に入れてみましょう。

就活市場で18卒向けのイベントを開催

☆資格が就職に有利になる場合とは?

就職活動の時に資格を持っていると有利になることもあります。希望の職種が資格を必要とする仕事の場合なら、尚更採用の可能性が高くなります。また、必要な資格を明記していない場合でも、何もないよりは持っているほうがよいですし、少なくともマイナス要素になることはありません。そこの企業に何かしら有利に使える資格や経験は、例え条件として提示されていない場合でも、入社後に役立つ場面が出てくるものです。就活時に特に求められていない場合でも、資格を持っていることはそれだけ努力しているという印象を与えることができます。履歴書欄には持っている資格をすべて明記しておきましょう。

目次へ

☆自分の希望する業種に必要な資格をチェックする

資格が必須条件の場合は、応募条件として明記されているところがほとんどです。一生を通じてやりたい仕事であれば必ず取っておくことをおすすめします。まず自分が就きたい業種に必要な資格を調べておきましょう。必須なものもあれば、あることが望ましいという程度のものもあります。福祉関係のように学歴か実務経験のいずれかをクリアしていれば取れる資格もあれば、取得には実務経験を必須とする資格も存在します。新卒であれば入社後に取得制度や支援制度を設けている企業は多いようです。例えば、建築系などは受験に実務経験を要する資格が目立ちますが、新卒や第二新卒者なら持っていなくても採用に響くことは考えにくいのが一般的です。しかし、特に専門性の高いものは関連性のある大学を卒業していることが有利に働きやすいことを考えておきましょう。

目次へ

☆新卒や第二新卒でも押さえておきたい資格は?

新卒で受ける場合や第二新卒で受ける場合でも、持っていて有利と言われている資格はいくつかあります。デスクワークを中心としたオフィスでの勤務にはMOSやTOEICなどの資格は実務経験も不要で取得しやすいものです。ワードにエクセル、パワーポイントなどオフィス全般を使えることは、幅広い業種に求められる条件のひとつでもあり、現代では最低限のパソコンスキルと言っても過言ではありません。MOS検定は、基本的な知識を身につけるだけではなく応用もできないと合格できない試験ですから、持っていれば入社時に有利です。TOEICは特に外国語を必要とする業種でない場合でも、英会話を中心に外国語に強い人材は頼もしい存在という印象を持たれやすい傾向があります。その他にも、経験がない場合でも取得が可能な資格は、機会を得た時には取っておくことをおすすめします。

目次へ

☆入社後に取得可能な制度を活用する

始めから資格を有していない場合でも、入社後に実務経験や研修を経て取得できる資格はたくさん存在します。専門性が高く将来的に続けたい業種に必要な資格であれば、専門学校や大学の段階で関連の学科や学部を選択して取得を目指す人も多く見られますが、専門に学んでいない分野でも働きながら資格が取れるものもあります。将来的に起業しようという計画がある場合は、企業に勤務している間はさまざまな経験を積み、社内の資格取得制度があればそれを利用して必要な資格を取っておくことも可能です。働くことは必要な収入を得ることが第一ですが、長い目で見て将来的にも自分の財産となるスキルを積みながら資格を得られるものを選びましょう。また、転職を余儀なくされることがあっても、転職先で生かせる資格であることも理想的です。

目次へ 就活市場から19卒向け就活セミナー参加

☆資格の重要性は業種で変わる

資格が必要かどうかは業種で変わります。自分が就きたい仕事について必須な資格や有利な資格を事前にチェックし、取得可能なものは取っておきましょう。また、全般的に重宝される資格は有利に働くことが期待できます。

就活で成功したい学生はジョブコミットへ!

目次へ

就活生に人気の記事!

「長所は明るい性格です」!どう語る?自己PR

難関企業から内定を取りまくった人に共通点とは?

「挨拶ができる」は立派な自己PR!

性格の穏やかさを自己PRとして伝える方法

最終面接・役員面接の対策方法、心構えとは?

会社説明会の案内に対する返信メールのマナー


image4493

就活イベントに参加してみる!

関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、2016年8月1日時点で「内…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…
最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る