インターンシップに向け、履歴書の書き方を学んでおこう!

%ef%bc%92%ef%bc%95

インターンシップとは学生が実際に企業に赴き、一定期間の職場体験ができる制度のことです。就職活動が本格化する前に「働くこと」について考えるきっかけができ、学生にとっては有意義な制度ですが、インターンシップを受けるにも選考があります。履歴書やESの提出が求められますが、就活のための履歴書を書くのは初めてという人がほとんどでしょう。そこで、インターンシップへ向けて履歴書の書き方を確認しておきましょう。

☆手書き?それともパソコン?

履歴書を書くにあたり、手書きで書くべきなのかどうかと悩む人も多いでしょう。最近はネット上に履歴書のテンプレートが多く出回っており、パソコンで簡単に作成することができますから、そちらを好む人もいるかもしれません。特に指定がない限り、どちらでもOKの企業がほとんどですが、手書きの方がより自分らしさを出しやすいという特長があります。採用担当者は単に「字がきれい/汚い」を見ているのではなく、応募者がどれほどの情熱を持ってその書類を完成させたのか?を見ています。その企業に対する志望度の高さを見ている、と言い換えてもいいかもしれません。直筆の書面はそこに書かれている文字以上のことを伝えてくれることがありますから、手書きの方が無難かもしれません。

☆見た目にこだわろう

パっと見ただけで良い印象を与えることは難しくても、せめて悪い印象は与えたくないですよね。そのため、履歴書は見た目の美しさにこだわることも重要です。できるだけ字をきれいにするのはもちろん、項目ごとに文字の大きさにバラつきがないか、文字と文字の間は詰まりすぎていないかといったことも気をつけましょう。きれいな履歴書はスラスラと難なく読めるでしょうが、そうでないと読むだけでもストレスを感じてしまい、中身が伝わりにくくなってしまうかもしれません。まずしっかり読んでもらうためにも、きれいに仕上げることは重要です。また「学歴/職歴」の書き方など、履歴書の体裁も整えておく必要があります。これは調べればわかることなので、怠ってしまうと手抜きをしていると感じさせてしまうことがあるからです。

☆自己PRはどう書く?

履歴書では自分のことについて書くこともありますが、ありきたりな自己PRでは採用担当者の目には留まりにくいでしょう。自己PRとは自分の長所や強みを伝えることですが、単に「私は○○な人間です」と書くだけではインパクトに欠け、その他大勢の中に埋まってしまいます。そこで、自分の長所にキャッチコピーをつけてみることをオススメします。同じことを言っていても、少し言い方を変えるだけで読み手の印象は大きく変わることがあります。例えば負けず嫌いということをアピールしたいなら「私は負けるたびに強くなってきた人間です」、常にポジティブなことを伝えたいなら「私の目は前しか向けません」といったように、ひねりを効かせたフレーズを考えてみましょう。

☆志望動機の書き方

そしてインターンシップ参加へ向けて最もポイントとなるのが志望動機です。インターンの場合は企業に対する入社意欲だけでなく、「なぜそのインターンが自分にとって必要なのか」を具体的に書く必要があります。当たり障りのない内容では、採用担当者は「別にウチじゃなくてもいいのでは…」と考えてしまうでしょう。インターンは採用試験ではありませんから、「入社したいから」という理由だけでは不十分です。インターンを通してどのようなことを学び、それをどのように活かしていきたいかということを突き詰め、具体性を持った志望動機を書けるようにしておきましょう。しかし履歴書の志望動機欄はあまり大きくないので、書きたいことをすべて書けるとは限りません。内容を精査し、限られたスペースで自分の情熱を伝えられるようにすることも重要です。

☆その先にも続く!

インターンシップに向けて履歴書を書くときには、見た目をきれいに仕上げるのはもちろん、内容にこだわることも重要です。就職活動でも履歴書を書く機会はたくさんありますから、その練習と思って取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る