就活の面接における合格フラグ・不合格フラグの意味と対処法

%ef%bc%95

就活の成否を分ける大きなポイントとして、面接があります。面接を終えたあとは、自分自身で「これは採用されそうだ」「だめだったかも」といった感触を持つこともあるはずです。それは、面接中にそういった感触につながる何かを感じたからでしょう。面接の最中にそういったことを感じる瞬間を「フラグが立つ」と呼ぶことがあります。そこで、合格フラグと不合格フラグの具体例や、フラグが立ったと感じた場合の対処法をお伝えします。

☆合格フラグとは?

合格フラグとは、面接中や面接の前後に「これは採用される、合格だな」という感触を得る瞬間です。すべてのケースに当てはまるわけではありませんが、例えば、1次面接から最終面接までの日程が短い、最終面接で配属先に関する話があった、最終面接の前に人事担当者との打ち合わせがあった、面接中の回答に対して「それが聞きたかったことだ」と満足されるといったことが挙げられます。合格フラグは、自分が受け入れられている、自分に興味を持ってもらっていることが伝わってくるとき、正当に評価されていると感じるときに立つことが多いようです。1次面接などよりも、最終面接の方がフラグを感じる機会が多いといわれています。

☆合格フラグが立っても気を抜いてはいけない

面接をしている最中に合格フラグが立つと「このままいけば採用される」と期待する気持ちが膨らむものです。しかし、そこで気を抜いてはいけません。合格フラグは、あくまで応募者側が勝手に判断する面接合格の感触ですので、合格フラグが立ったと感じたとしても採用担当者側ではまったく合格を意識していないということは十分にあり得ます。また、仮に本当に合格に近づいていたとしても、合格フラグが立ったことで気が緩んでしまうと、その後に失敗してしまう可能性もあります。気が緩んで思わず言った不用意な一言が原因で、不合格にならないように気を付けましょう。合格フラグが立つと自然に前向きな気持ちになれますが、合格フラグが立ったからこそ気を引き締めるという心構えが必要です。

☆不合格フラグとは?

面接をしていると「あれ、このままでは合格は無理かな」「まったく興味を持ってもらえていないので不採用かもしれない」と感じることがあったら、不合格フラグが立っているかもしれません。不合格フラグは合格フラグの逆です。採用担当者が不採用と決めたことを感じ取る瞬間を、不合格フラグが立ったといいます。不合格の通知メールをお祈りメールと呼ぶように、不合格フラグをお祈りフラグと呼ぶこともあります。不合格フラグの具体例としては、面接時間が予定より極端に短い、グループ面接で明らかにほかの参加者と比較して興味を持たれていない、質問に答えていても話を真剣に聞いてくれている様子がないといったことが挙げられます。

 ☆不合格フラグが立っても最後まで諦めない

不合格フラグの事例をご紹介しましたが、不合格フラグも合格フラグと同様に、あくまで就活をしている側の勝手な感触です。仮に面接時間が短かったとしても採用決定に必要な情報を十分得たから面接が終了したのかもしれませんし、採用担当者が興味なさそうに話を聞いているのは応募者に心を読まれないようにするためという可能性もあります。不合格フラグが立ったと感じたとしても、勝手に自分で不採用だと決めつけずに諦めないことが大切です。不合格フラグが立ったことによる動揺から自分を見失ってしまい、本当に不合格につながってしまうこともありますので、過度に不合格フラグを恐れないことが大切です。

☆決めるのは採用担当者

合格フラグや不合格フラグは、面接の自己評価の結果立つものです。しかし、その判断が正しいとは限りません。最終的に決めるのは採用担当者ですので、フラグに惑わされないようにしましょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る