面接に遅刻した場合でも適切に対処すれば内定はもらえる!

2-2

就活における最大のポイントは、面接をどうクリアするかだといっても過言ではないでしょう。それほど大切な面接には遅刻せずに行くのは当然のことですが、不測のトラブル発生などによって遅刻してしまうこともありえます。面接に遅刻してしまうと「どうせ内定はもらえないだろう」とあきらめてしまい、面接に行くのをやめてしまう人もいますが、あきらめずに対処して内定を勝ち取った人もいます。そこで、面接に遅刻した場合の対処方法についてご紹介します。

面接に遅刻する可能性

就活における面接は、応募している会社から内定をもらえるかどうかが決まる大切なステップです。社会人としては、遅刻することがないように時間に余裕をもって出発したり、事前に場所を調べておいたりなどの準備が必要です。しかし、それでも遅刻をする可能性は残ります。例えば、電車のトラブルで立ち往生したり、事故や事件に巻き込まれたり、急に体調が悪くなって病院に行かざるをえなくなったりする場合は、やむをえず遅刻することになってしまうでしょう。遅刻する可能性があることを想定しておかないと、いざ遅刻せざるをえない状況になったときに焦った正しく対処できないおそれがあります。どんな人でも面接に遅刻する可能性はあるということを自覚しておきましょう。

遅刻が確定したらまず電話を入れる

では、交通機関のトラブルや突然の体調不良などで遅刻が確定してしまった場合はどのように対処すべきでしょうか。まずは、会社に電話で連絡を入れる必要があります。緊急事態ですのでメールは使いません。メールで連絡すると、社会人としての常識を疑われる可能性があります。電話で採用担当者に連絡すると、当然、理由などを聞かれます。採用担当者も、さまざまな理由で遅れる可能性があることはわかっています。電話での受け答えでその人の社会性や仕事力を判断されることになるでしょう。変に嘘をついたり言い訳をしたりせず、まず謝罪をし、遅刻に至った理由と面接会場への到着時間の見込みを落ち着いて伝えることが大切です。

遅刻後の面接における注意点

遅刻が確定して連絡を入れたら、できるだけ早く面接会場に到着できるように急ぎます。面接の順番は入れ替わっている可能性があり、到着後も面接まで多少時間がある可能性もありますが、到着後そのまま面接会場に入る可能性もありますので心の準備をしながら会場に向かいます。面接が始まったら、まずは遅刻したことを詫びて理由を述べた上で、遅刻したにもかかわらず面接の機会を作ってくれたことに感謝するとよいでしょう。面接担当者は遅刻した自分のために忙しいスケジュールを変更してくれていることが想像できれば、自然と感謝の気持ちが生まれるはずです。その後は、遅刻のことを引きずって落ち込むことがないよう、気分を変えて落ち着いて質疑応答をしていけばよいでしょう。

遅刻への対応は社会人としてのトラブル対応能力が問われる

面接に遅刻してしまった場合は反省することも大切ですが、落ち込んでしまったり、あきらめてしまったりするのは社会人として適切な対応とはいえません。面接に遅れること自体は採用担当者の評価に関して決してプラス要素にはなりませんが、遅れたことに対してどのように対応したかについてはプラスの評価にすることも可能です。ビジネスの世界では、不測の事態が起こることは日常茶飯事です。遅刻は、そういったトラブルに見舞われたときの対応能力を見せるチャンスでもあります。また、遅刻をしても連絡をして必死に面接会場に行こうとする姿を見せることは、その会社に対する思いの強さをアピールすることにもつながります。

面接に遅刻しても内定をもらえる可能性はある!

面接には遅刻しないのがベストですが、万が一遅刻してしまった場合でも、適切に対処すれば内定をもらえる可能性は十分あります。最後まであきらめないことが大切です。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る