面接当日にキャンセル!対処方法は?

pixta_16983430_m

就活が進んでいくと、最後は面接というステップになります。面接に通れば内定がもらえますので、面接は就活で最も重要なポイントだといえるでしょう。そのため、面接のためのスケジュールはしっかり確保する必要があります。しかし、不測の事態が発生して、当日になって面接に行けない状況になることもありえるでしょう。そういった場合は、社会人として恥ずかしくない対応をする必要があります。そこで、面接を当日キャンセルする場合の対処方法についてお伝えします。

誰にでも面接を当日キャンセルする事態になる可能性はある

面接の当日にキャンセルせざるをえない状況になる可能性は誰にでもあるのでしょうか。当然、誰にでもあります。例えば、事故に巻き込まれて入院したり、急病で倒れてしまったりしてしまうこともありますし、大規模な災害が発生したり、交通機関の大規模なトラブルにより移動できなくなったりすることも考えられます。遅刻してでも行ける可能性があれば行くべきですが、遅刻して行くことすら難しいというケースもありえるのです。当日キャンセルする状況に陥る可能性があることを自覚していないと、いざという時に適切な対処ができません。起こりうるということを意識しておくことが大切です。

当日キャンセルの場合は早急に電話連絡を入れる

当日キャンセルが避けられないと判断をしたら、まずは面接予定の会社に連絡をしましょう。緊急連絡先として採用担当者の連絡先は把握しているでしょうから、そこに電話で連絡をいれます。当日ではメールを見てもらえない可能性が高いですので、必ず電話で連絡を入れることがポイントです。採用担当者は、当日になってキャンセルをする人や遅刻をする人から連絡が何本も入ることを予想していますので、ほとんどの場合、採用担当者に直接つながるでしょう。電話では面接に行けないことをまず告げ、謝罪することから入ります。キャンセルせざるを得なくなった理由についても簡潔に説明する必要があるでしょう。

キャンセル理由は正直に答えることが大切

当日キャンセルの連絡をする場合、避けられない突発事象の発生が理由だったとしても、後ろめたい気持ちになるものです。その気持ち自体は問題ありませんが、後ろめたさを引きずったままキャンセルの電話をしてしまうと、理由を説明するときに思わず嘘を言ってしまう可能性があります。また、2度と会うことはないと考えて嘘をつくなどの対応もやめるべきです。電話を受けた面接担当者はそういった連絡を数多く受けていますので、嘘は見破られると考えておいた方がよいでしょう。当然、キャンセル理由は正直に答えることが大切です。理由を正直に答えることは、社会人として発生した事態に対して対応をするために必要となる信頼関係を築く土台になりますし、誠実さを見せることにもつながります。

自分のために時間を取ってくれた会社への謝罪と感謝の気持ちを伝える

採用担当者の状況によっては長い時間話すことはできないかもしれませんが、電話で連絡をしたときに当日キャンセルになったことの謝罪だけでなく、できれば感謝の気持ちを伝えるとよいでしょう。面接官や採用担当者は、面接の準備や応募者との連絡などに多大な労力をかけています。仕事ですから当然ではありますが、当日キャンセルをするということは、そういった人達が時間と労力をかけて準備してくれたことを無駄にすることを意味します。そのため、詫びる気持ちだけでなく面接に至るまでの相手の準備行為に対して感謝した方がよいでしょう。感謝の心を持つことで、電話の先にいる採用担当者に誠意が伝わるはずです。

社会人として恥ずかしくない行動をとる

当日キャンセルとなると焦ったり動揺したりするものです。まずは落ち着いて電話連絡を入れましょう。社会人として恥ずかしくない行動をとれるように心構えをしておくことが大切です。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、20…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る