就活においては学校指定の履歴書と市販の履歴書のどちらを使うべき?

pixta_24292509_m

就活における履歴書の作成は、自分と応募先の会社をつなぐ役割を果たす重要なステップです。ほとんどの場合、履歴書の書式が指定されることはなく自由ですので、自分で履歴書を用意する必要があります。市販の履歴書という選択肢もありますし、学校によっては学校指定履歴書があるケースもあります。どちらを使うべきかについては迷うところでしょう。そこで、市販の履歴書と学校指定の履歴書のどちらを使うべきかについてお伝えします。

市販の履歴書と学校指定の履歴書のどちらを使うかで合否は決まるか?

市販の履歴書と学校指定の履歴のどちらを使うかを決める前に、その選択によって合否が決まるのかどうかが気になるでしょう。例えば、あるケースでは学校指定の履歴書を使用しない場合は不合格になるなどの注意点があれば、事前に知っておくことで不合格になることを避けられます。しかし、どちらの履歴書を使っても合否に直接影響を与えるということはないでしょう。例えば、市販の履歴書を使った場合は不合格になるということであれば、大学指定の履歴書を入手できない既卒者や転職者が不利になりますので、そういったことはないはずです。市販の履歴書を使うと不合格になるのであれば、市販されている意味がありません。同様に、学校指定の履歴書を使うと不合格になるということもありません。

そもそも市販の履歴書と学校指定の履歴書では何が違うのか?

市販の履歴書も学校指定の履歴書も同じ機能を果たす履歴書です。そのため、学歴を記入する欄や住所記入欄などの記載項目に大きな違いはありません。ただし、学生が書きやすい構成になっていたり、大学によっては専門科目に特徴があるケースもあるため大学で学んだことを記載する欄がその大学に合ったものになっていたりする場合もあります。内容面では構成や書きやすさを除けば市販の履歴書との違いを見つけることの方が難しいでしょう。ただし、形式的な面で大きな違いが一点あります。それは、学校指定の履歴書には、学校名や校章が印刷されていて、一目でどこの大学の出身者の履歴書かが判断できる点です。

それぞれの履歴書のメリットとは?

市販の履歴書、学校指定の履歴書のどちらを使っても合否に影響がなく、その違いは学校名が入っているなどの形式的なことを除けばわずかな違いしかないということであれば、どちらを使ってもよいということになるでしょう。そこで、どちらを使うかの判断に役立つようにそれぞれの履歴書のメリットをご紹介します。まず、市販の履歴書ですが、新卒以外でも使える点と学歴を強く主張しすぎないという点がメリットといえるでしょう。一方、学校指定の履歴書の場合は、新卒が自己PRしやすい構成に工夫されていることや、一目で出身学校がわかる点がメリットとしてあげられます。

就活生はどちらの履歴書を使うべき

市販の履歴書と学校指定の履歴書の違いやメリットを考えた場合、どちらを使用するのがより有利になるのでしょうか。特に、新卒の就活生の場合は、学校指定の履歴書を使った方がよいでしょう。その学校の新卒者が自己PRしやすいように構成されている履歴書を使うメリットは大きいはずです。市販の履歴書に書く内容と同じものであったとしても、順序や指定タイトルの表現によって書きやすさはずいぶん違ってくるものです。また、市販の履歴書には自由度がなく、空欄にせざるを得ないような項目まで印刷されていることがあります。一方、新卒以外の場合は、市販の履歴書の方が書きやすいでしょう。結論としては、新卒は学校指定、既卒や転職者は市販の履歴書を使うことをおすすめします。

細かい点にも気を配ることが就活成功につながる

市販の履歴書でも学校指定の履歴書でもどちらも同じだろうと甘く考えるのはおすすめできません。どちらを使うべきかといった細かい点にも気を配る気持ちが、就活の成功につながると考えておく方がよいでしょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る