将来に不安を感じる方へ!安定して働ける業界とは

pixta_18730909_m

将来、安定した生活を送るためにも、仕事を選択する際には「安定して長く働ける仕事を選びたい」と望む方は多いです。しかし、転職活動や就職活動を行う中で、希望する職種が安定して働くことが可能なのか見極めることが難しい場合もあります。今回は、転職や就職を考える時に参考にしたい、安定して長く働ける業界とその特徴についてまとめてみました。

安定して働くことが出来る業界&企業の見極め方

安定して仕事が続けられる業界は、市場規模が縮小しない業界といえます。世論や流行の影響を受けにくく、市場規模が安定している業界は、仕事の数も安定しています。しかし、市場規模が縮小せず、安定して仕事が供給される業界であっても、就職する会社を選別することは大切です。安定して長く働くことが出来る企業を見極めるためには給料が安定して支払われているのか、休日は基本固定であるかなどに目を向けることが大切です。残業がある場合は、月の平均残業時間はどれほどなのか、残業代は支払われるのかなどもあらかじめ調べておくようにしましょう。また、入社する企業を検討する際には、企業の創業年数にも目を向けるようにしましょう。3年以下の若い会社である場合は、安定している企業であると断言することはできません。

安定して働ける業界トップ「医療業界」

安定して働ける業界というと、「医療業界」を思い浮かべるという方は多いのではないでしょうか。医療業界は、人が生活を送る限り衰退することはなく、安定して仕事が供給される業界でもあります。また、医療に関係する職業は「医師」「看護師」「薬剤師」「医療機器メーカー」「製薬会社」など様々な種類に分かれます。病院は国から補助を受けていることもあり、仕事が供給され、給料が支払われることになります。医療業界で仕事を行うためには、専門的な知識や技術を身に付けることが必要とされる場合も多く、就職難易度は高めであるといえます。

市場規模が縮小しにくい「物流業界」

物流に関する業界は市場規模が縮小しにくく、安定して仕事が供給されやすいことが特徴です。物流企業の仕事は、個人宅への配送から船を利用した貨物輸送など活躍の幅も広いです。国内だけではなく、海外物流に携わることができる企業も多く、グローバルに活躍することが出来る業界でもあります。しかし、貿易関係の物流は通貨価値の影響を受けやすく不安定な一面があることも事実です。将来も安定して長く働くことを希望する場合であれば、国内物流に関係する企業に就職することも良いでしょう。物流関係の職種といっても、「運送」「情報管理」「保管」など様々な仕事に分かれます。

進化し続ける「エネルギー産業」

人が暮らしていくために必要不可欠な各種エネルギーを製造、管理するエネルギー産業は、市場規模の縮小がない業界でもあります。エネルギー産業といっても、種類は豊富です。特に、電気、水道、ガスなどのエネルギーに関係する企業は安定して長く働きやすいといえます。一方、太陽光エネルギーや水素エネルギーに関する企業は、将来的に主要エネルギーになる可能性もあり、注目を集めています。人の生活と密に関わるこれらのエネルギー産業に対し「工業系」のイメージを持つ人も多いため、大卒就職先としては人気が高くないことも特徴です。エネルギー産業に関する企業を選ぶ際には、扱っているエネルギーが今後、日本の主要エネルギーとして扱われるのかどうかを考えることも大切なポイントになります。

安定した業界&企業の見極めを行うことが大切

将来の不安を拭い去り、安定した業界で長く働きくことを希望する場合、就職または転職を希望する業界や企業について知ることは大切です。興味を持つ業界や企業について情報を集め、自分にとって最善といえる職業選択を行いましょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る