知っておくと役立つ!転職で失敗してしまうケースを紹介

4-5

転職は人生における大きなターニングポイントです。転職するなら絶対に失敗したくないと考えている人が多いでしょう。しかし、現実には失敗してしまう人が少なくありません。なぜ転職に失敗してしまうのでしょうか。その理由は人によって異なりますが、どのようなケースがあるのかを知っておくことは大切です。もし自分が転職をすることになった場合、失敗を回避するための参考になります。そこで今回は、転職で失敗してしまうケースについて紹介します。

 

感情だけで先走ってしまうケース

せっかく転職しても、後から自分に合わない会社だと分かったり、待遇に不満を感じたりすることが少なくありません。その原因として、転職先に求める条件が不明瞭のまま、転職活動を進めてしまうことが挙げられます。転職前の会社への不満が大きく、転職したいという感情が先走ってしまったときに多くなります。給与や残業時間など、転職で重視する条件は人によってさまざまです。冷静に条件を考えて、それが満たされる転職先を選ばなければなりません。条件を明確にしないと、転職先の候補が1社でない場合、優先順位を正しくつけるのは難しいです。もし条件が転職前の会社でも満たせるものなら、転職という選択自体が間違いである可能性もあります。

 

新卒の就職と区別できていないケース

面接でのアピール不足で不採用になるケースが見受けられます。転職を新卒の就職と同じように考えてしまうと、そうなる可能性が高いです。新卒を採用する場合、研修などで適性を判断してから配属先を決める会社も少なくありません。しかし、転職希望者を採用する場合は、あらかじめ配属先が決まっているのが一般的です。欠員の補充や新規事業の立ち上げのために募集することが多いからです。そのため、転職希望者は、会社が求める人物像を把握しておかなければなりません。それと同時に、これまでのキャリアを見つめ直す必要もあります。両者を比較して、自分がアピールできる材料を見つけるためです。新卒のように熱意や元気をアピールすることに重点を置くと、物足りなく思われるでしょう。

計画を立てずに進めてしまうケース
計画を立てなかったことが原因で、転職に失敗してしまうケースもあります。転職活動を働きながら行う場合、効率よく進めていかなければなりません。まず転職のための準備として、自己分析や業界の調査などを行う必要があります。応募する企業を決めたら履歴書を作成したり、面接のアポイントメントを取ったりします。面接を受ける頃には、退職の方法を調べる必要もあるでしょう。このように多くのことがあるので、最初にしっかり計画を立てなければなりません。いつまでに転職するのかを決めて、具体的な予定を細かく考えるのです。そうしないと、転職がずっと先延ばしになってしまう恐れがあります。転職先が決まっても、退職の準備が進まない事態も考えられます。

 

コミュニケーション能力が欠如しているケース

転職先の人間関係に馴染めずに悩んでしまう人は珍しくありません。悩んだ挙句辞めてしまうのであれば、その転職は失敗だったといえるでしょう。転職すると、すでに人間関係ができている職場に後から入っていくことになります。自分から積極的に打ち解けようとするスタンスが重要です。しかし、コミュニケーション能力が低い人にとっては簡単なことではありません。人間関係の良くない職場に配属されるとなおさらです。また転職者は即戦力として期待されていることが多いので、期待通りの活躍ができなければ風当たりが強くなることもあります。人付き合いが得意でない場合は、そのような状況になると孤立してしまうかもしれません。

 

転職は慎重に!成功の可能性を高めよう

転職はライフスタイルや人生設計に大きく影響します。失敗しないように慎重に進めなければなりません。転職する場合は、今回紹介したケースに注意してください。不安な場合は、ジョブコミットの情報などを参考にすると、成功の可能性を高められるでしょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る