インターンシップは成長につながる!期待できる4つの成長とは?

pixta_23461231_m

インターンシップと聞いて、どのようなイメージを抱くでしょうか。実際に企業の中に入って仕事をするのでハードルが高いと感じでいる人もいるかも知れませんね。しかし、これから社会人として働く学生にとって、インターンシップはぜひ経験しておいた方が良いものです。企業のイメージを具体的に描く際の大きな手助けとなるでしょう。自分に足りないもの、また逆に自分に向いているもの、それらを見つけてみませんか?インターンシップを経験して成長を目指しましょう!

ビジネスマナーを身につけて成長する期待

インターンシップでは企業で働くことになるので、ビジネスマナーを身につけておく必要があります。企業ごとに社風があるので、『これが絶対に正しい!』というものは無いかも知れませんが、最低限のマナーは知っておく方が良いです。まず、挨拶。上司だけにするのでは無く、誰に対してもしっかりと行うようにしましょう。服装は清潔感を第一に。一着のスーツをずっと着るのでは無く、最低2着は用意し定期的にクリーニングに出してください。ヨレヨレの服装は社会人としてイメージダウンです。敬語は尊敬語、謙譲語、丁寧語をTPOに応じて使い分けられるようにしましょう。時間は基本5分前厳守を心がけてください。ビジネスマナーについて迷うことがあれば、インターンシップ先の社員に聞いてみましょう。社会人としての経験から、きっと良い答えを教えてくれます。

コミュケーションスキルが向上する期待

新入社員にとってコミュニケーションスキルはもっとも重要な要素の一つです。コミュニケーション能力に必要なのは言葉遣いだけで無く、他人と接する時の態度、理解力、発言力、リーダーシップなど多岐に渡ります。インターンシップを通して、社会人である先輩方がどのように他社と接しているか、よく観察しておきましょう。いくら優秀な人間であっても、コミュニケーション能力が低ければなかなか評価され難いのが社会人です。どんな人とでも、一緒に協力しあって仕事をやっていくスキルが求められます。インターンシップでは知らない学生が集まってきますので、協調性を意識して取り組んでいきましょう。自分のコミュニケーションスキルを磨くチャンスです。

苦手分野を克服して成長する期待

インターンシップではあえて、自分が少し苦手だなと思う分野に挑戦してみるのも良い経験となるでしょう。自分が得意、と思っていた分野でも、いざ入社して仕事をしてみると、イメージと違ったということはよくある話です。色々なインターンシップに参加することで、自分の適性や関心のある分野が広がる可能性があります。あえて苦手分野の企業に身をおくことで自分自身が成長する機会を作ることをおすすめします。ネットや人の話だけでは仕事の向き不向きは、ほとんどわかりません。インターンシップで実際に経験することで仕事の適性を垣間見ることができるのではないでしょうか。

就活で使えるネタが増える期待

インターンシップを経験することで就職活動に役立つ情報を増やすことができます。ネットや人に聞いた話では無く、自分自身が経験したことなので、就活で面接する際に、より具体的な話ができるようになります。またインターンシップではモチベーションの高い学生が参加していることが多いので、有意義な情報交換もできるかも知れません。就職活動で必要なのは情報(ネタ)です。良質なネタをたくさん仕入れたいのであればインターンシップは持ってこいと言えるのではないでしょうか。
インターンシップは自分が熱中できる分野を探すための足がかりとなるものです。参加することで何らか得るものはあるはずなので、積極的に飛び込んでいきましょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、20…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る