インターンシップに受かる志望動機の書き方のポイントとは?

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%83%e3%83%97%e3%81%ab%e5%8f%97%e3%81%8b%e3%82%8b%e5%bf%97%e6%9c%9b%e5%8b%95%e6%a9%9f%e3%81%ae%e6%9b%b8%e3%81%8d%e6%96%b9%e3%81%ae%e3%83%9d

インターンシップを体験することによって、実際の仕事場の雰囲気を確認することができます。仕事内容をすべて確認するのは難しいでしょうが、職場の雰囲気が自分に合っているかどうかを見極める大きな材料にはなるでしょう。しかし、まずはインターンシップを受ける権利を獲得することが先決です。そのためには、志望動機の書き方がポイントになります。そこで、インターンシップの権利を手に入れるための志望動機の書き方についてお伝えします。

就活市場で18卒向けのイベントを開催

やりたい仕事が未定でもインターンシップをやりたい場合

まだどんな職種で仕事をしたいのか決まっていない人でも、インターンシップには興味があるという人もいるはずです。そういった場合は希望の仕事内容が書けないため志望動機をどう表現するか悩むもこともあるでしょう。そういった場合は、まず素直にインターンシップと自分の関係を整理することをおすすめします。少なくともインターンシップに興味を持った理由があるはずです。それが動機につながるはずです。例えば、自分を変えるきっかけにしたい、成長したい、社会経験の不足を補いたい、または就職で有利になりたいといった思いがあるでしょう。その上で、インターンシップで何を学びたいかをはっきりさせることで志望動機が書けるようになります。

目次へ

やりたい仕事や行きたい会社がはっきりしている場合

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%83%e3%83%97%e3%81%ab%e5%8f%97%e3%81%8b%e3%82%8b%e5%bf%97%e6%9c%9b%e5%8b%95%e6%a9%9f%e3%81%ae%e6%9b%b8%e3%81%8d%e6%96%b9%e3%81%ae%e3%83%9d

やりたい仕事や行きたい会社が決まっている場合は、インターンシップの志望動機に悩むケースは少ないでしょう。自分がやりたい仕事と、インターンシップに応募した企業の仕事のつながりを基礎にして志望動機を組み上げていけば書けるはずです。できれば、なぜその会社を選んだのか、なぜその仕事をしたいのかについて深く掘り下げて考えてから志望動機を書くとよいでしょう。掘り下げる時には、その仕事に興味を持ったきっかけとなった具体的な出来事や体験をできるだけ思い出し志望動機に書くことによって、オリジナルの文章になっていきます。オリジナルの文章はライバルに差をつけることができ、応募先企業の目に留まりやすくなります。

目次へ

できるだけ目標は具体的なものにする

インターンシップの志望動機を書く場合、漠然としたものになってしまうと、採用担当者の興味を引くことができず、インターンシップを受ける権利は得られない可能性があります。例えば、「私は成長するためにインターンシップに応募した」という志望動機と、「私は即戦力となるために、実際の営業の仕事を肌で感じて経験を積みたいので応募した」という志望動機を比較した場合、どちらの文章が応募先の企業に興味を持ってもらえるかは一目瞭然でしょう。漠然とした目標を書くのではなく、具体的な目標を書くことがポイントです。成長したい、スキルを磨きたいなどといった志望動機のアイデアが浮かんだら、「何を?」「どのように?」と自問自答しながら志望動機を具体化するとよいでしょう。

目次へ

応募先企業の研究をしっかりすること

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%83%e3%83%97%e3%81%ab%e5%8f%97%e3%81%8b%e3%82%8b%e5%bf%97%e6%9c%9b%e5%8b%95%e6%a9%9f%e3%81%ae%e6%9b%b8%e3%81%8d%e6%96%b9%e3%81%ae%e3%83%9d

インターンシップの志望動機の書き方にはその他にもポイントがあります。それは、応募先の企業をしっかり分析し、どうして同業他社ではなく応募先の企業を選んだのかをはっきり説明できるようにすることです。あからさまにそのことを書くのではなく、志望動機の一部としてさりげなく書き込むことが大切です。企業を研究するポイントは、事業内容、や新製品、経営理念などだけでなく、沿革や過去の製品などについても調べてみると、より具体的な応募先企業を選んだ理由が浮かびやすくなるでしょう。採用担当者も、自社との関係がよくわかる志望動機を読むと興味が湧いてくるはずです。

目次へ 就活市場から19卒向け就活セミナー参加

志望動機は読む側に立って考えて書く

インターンシップを受ける権利を得たいと思ったら、お伝えしたポイントをおさえた志望動機を書くことが大切です。その際、志望動機を読む側の心理を考えて書くことができれば、成功する確率はぐんとあがるでしょう。

就活で成功したい学生はジョブコミットへ!

目次へ

就活生に人気の記事!

「長所は明るい性格です」!どう語る?自己PR

難関企業から内定を取りまくった人に共通点とは?

「挨拶ができる」は立派な自己PR!

性格の穏やかさを自己PRとして伝える方法

最終面接・役員面接の対策方法、心構えとは?

会社説明会の案内に対する返信メールのマナー


今だけ限定!
19卒人事と話せるセミナー

関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、2016年8月1日時点で「内…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…
最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る