自分らしい写真ならOK?就活のエントリーシートに貼る写真の選び方

%e8%87%aa%e5%88%86%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%84%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%81%aa%e3%82%89%ef%bd%8f%ef%bd%8b%ef%bc%9f%e5%b0%b1%e6%b4%bb%e3%81%ae%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%bc

就職活動のスタートとして企業に応募の意思を伝え、最初の選定の材料となるエントリーシートには通常、写真を貼るスペースが用意されています。企業の採用担当者と面接で実際に会う前に、自分がどのような人物であるのかという外見のイメージを相手に与える写真は、直接会って話すことができない分、応募者の印象を左右させてしまう可能性もある大切な詠出資料のひとつとなります。そんな重要な写真をどのように撮影し、選べばよいのかについてそれぞれのポイントを解説します。

言葉で説明できないからこそ大切!就活写真の上手な撮られ方

写真に写る自分の顔について解説を添付することができない分、自分の外見的な姿に好印象を持ってもらえるように工夫をしなければいけません。一般的な企業の就活写真で求められるものは、美人や美男子かという顔の造りではなく、表情や雰囲気の印象が良いかという点です。明るく見えても笑いすぎていては就職に対する真面目な姿勢が表れず、固すぎる表情では採用者に暗い印象を与えてしまいます。できるだけリラックスをして自然な柔らかい笑顔を作ることが大切です。また、肩の上部も写真に写るため、あごを引き、胸を張って背筋を伸ばし姿勢の良い快活な印象を与えることもポイントです。髪型やメイクは、清潔感を第一に考えて整えておくと、好印象な姿で写真に写ります。

どこで撮ってもらえばよい?就職写真に適した撮影場所

%e8%87%aa%e5%88%86%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%84%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%81%aa%e3%82%89%ef%bd%8f%ef%bd%8b%ef%bc%9f%e5%b0%b1%e6%b4%bb%e3%81%ae%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%bc

気軽にお手頃な価格で写真を撮影できる場所に駅や街中で見かけるスピード写真があります。肌をきれいに見せたり、表情を明るく見せたりすることができるなど、さまざまなサービスにより完成度が高い写真を手に入れることも可能となっていますが、就職活動で使用する写真は人生の大切な道を決める重要なものです。後悔のない完璧な一枚を撮るためにも、人に撮影をしてもらえるお店を選ぶようにしましょう。専門のカメラマンに撮影してもらうことで個々の肌や表情に合わせた光加減による撮影や、良い表情の瞬間を捉えた決定的一枚の写真を手にすることも可能となります。また、業界ごとに求められている姿の写真撮影を得意とする写真館もあります。希望する業界に強いと評判の写真館がある場合には、そこを利用するのもベストな写真を手に入れるための一つの方法となります。

内定率をアップさせるのはどんな顔?エントリーシートに貼る写真の選び方

採用者に印象が良いと感じてもらえる写真は、自然な笑顔をし、緊張感が伝わるようなガチガチな硬い姿ではない、一見、自然体で写っていると感じさせる写真です。好印象が持たれる写真を選ぶ際にチェックするポイントは、力強い目力、優しい口角、美しい姿勢です。力強くやる気を感じさせるような目力は就職への熱意を感じさせます。自然な笑顔を作る口角は写真を見た採用担当者に優しい印象を与えて好印象に残ります。美しい姿勢は背筋の正しさとともに就職活動に対するまっすぐで真面目な気持ちを伝えることが可能となります。写真館でプロのカメラマンに撮影をしてもらうと、これらの3つのポイントをクリアするように導いてもらうことが可能となりますので、写真を撮られることが苦手と言う人は積極的に利用すると良いでしょう。

選定ポイントは他にもある!そのほかのチェックポイントとは?

%e8%87%aa%e5%88%86%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%84%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%81%aa%e3%82%89%ef%bd%8f%ef%bd%8b%ef%bc%9f%e5%b0%b1%e6%b4%bb%e3%81%ae%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%bc

写真を選ぶ際にチェックしておくべきポイントには服装についても挙げられます。通常、就職活動用の写真はスーツを着用して撮影しますが、完成した写真や画像を見て、ブラウスやシャツの襟が立ってしまっていないか、正しく整っているか、男性の場合にはネクタイが乱れて写っていないかもチェックしましょう。また、顔や体の向きが真っ直ぐレンズを向いているか、前髪が目や眉に重くかかっていないかなども、採用担当者に明るい印象を与えるかどうかの判断に影響を与えますので確認しておくと良いでしょう。画質の良い写真ではスーツやシャツ、ブラウスの汚れがわかってしまうこともありますので、事前の準備の話にはなりますが、清潔な服装で撮影に臨むように留意しておくことも大切です。

好印象写真を狙え!ポイントをおさえて自分らしいベストな写真でチャレンジしよう!

一定のコンタクトしか取ることができない中で、ひとつひとつが内定を左右させる就職活動では、いかに一瞬にして相手に好印象を与えるかも重要なポイントです。とはいえ、偽りの姿での応募は内定を取っても後で肩身の狭い思いをすることにもなりかねません。自分らしい写真の中で一番と思えるものを用意して選考にチャレンジしましょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る