第二新卒の新卒とは異なる面接のポイント

%e7%ac%ac%e4%ba%8c%e6%96%b0%e5%8d%92%e3%81%ae%e6%96%b0%e5%8d%92%e3%81%a8%e3%81%af%e7%95%b0%e3%81%aa%e3%82%8b%e9%9d%a2%e6%8e%a5%e3%81%ae%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88_01

第二新卒の面接を、新卒の面接と同じように考えてはいませんか?
第二新卒は社会人経験1年から3年ほどと業務上の経験も浅く、採用する企業側も第二新卒にはそれほど高度なスキルを求めることはありません。しかし第二新卒の面接においては、新卒のときと同じようなやる気や熱意のアピールだけでは企業にとって魅力的な人材と映らずに、思わぬ失敗を招いてしまうことがあります。
面接のときに注意しておきたい、第二新卒ならではのポイントを押さえておきましょう。

企業側から見た第二新卒

面接のポイントをつかむには、まずは企業側の心理を考えてみましょう。
企業が第二新卒についてまず考えることは「採用しても、すぐに辞めてしまわないだろうか?」という懸念です。第二新卒であれば、就職後3年を待たずに転職を考えていることを意味します。求人広告やエージェントへの紹介料など、企業にとって採用活動とはそれなりのコストがかかるものです。しかし、せっかく採用した人物がすぐに辞めてしまうようでは採用活動にかけたコストがすべて無駄になってしまいます。そういった事態を避けるためにも、応募者が長続きする人材かどうかは企業にとって最も優先すべき事項のひとつなのです。
このような企業側の懸念を覆すには、転職に説得力ある理由があるかどうかが非常に重要なポイントとなります。

説得力のある転職理由が必要

%e7%ac%ac%e4%ba%8c%e6%96%b0%e5%8d%92%e3%81%ae%e6%96%b0%e5%8d%92%e3%81%a8%e3%81%af%e7%95%b0%e3%81%aa%e3%82%8b%e9%9d%a2%e6%8e%a5%e3%81%ae%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88_02

第二新卒が面接を突破するには、転職理由に企業側を納得させるだけの説得力が求められます。新卒の面接では会社への興味と自分自身の接点が主な動機づけとなりますが、第二新卒の面接ではこれよりも踏み込んだ理由を考えておかなければなりません。
第二新卒として転職を考える理由は人それぞれですが、企業を納得させる転職理由を見つけるには業務内容の面から探し出すのが一番の近道です。これまでの職務内容と応募先のポジションの職務内容を比較し、今までの会社ではできなかったことを実現するために行う前向きな転職であることをアピールしましょう。また、この転職理由を軸にした長期的なキャリアプランの道筋を考えておくこともより説得力を高めるために重要な要素です。

自分自身の気持ちにも正直に

第二新卒の面接は、企業側が一方的に応募者を評価する場ではありません。応募者自身が本当にその企業で働きたいかどうかを見極める場所でもあることを心に留めておきましょう。
転職を考えるということは、現在の会社で覚える行き詰まりや不満を解消したいという思いがあるのではないでしょうか。しかし転職の面接において、仕事を得るためだけに目的に無理に企業に合わせようとすれば、仮に内定をつかんだとしてもまた同じような不満を抱えることになってしまいます。このような状態では、再び転職を考えることになるのは時間の問題です。
第二新卒の面接にあたっては、志望動機や自己PRを練り上げる中で、今一度仕事に対する正直な考えを見つめ直してみることが求められます。

社会人経験者としてのアピールも重要

%e7%ac%ac%e4%ba%8c%e6%96%b0%e5%8d%92%e3%81%ae%e6%96%b0%e5%8d%92%e3%81%a8%e3%81%af%e7%95%b0%e3%81%aa%e3%82%8b%e9%9d%a2%e6%8e%a5%e3%81%ae%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88_03

第二新卒が新卒と異なるもうひとつの点は、短いながらも社会人としての経験を積んでいることです。新卒の社員には一から教えなくてはならない社会人としてのマナーは、第二新卒ならば当然既に身につけていることを期待されます。言葉づかいやふるまいなど、新卒の面接以上にマナーには十分注意を払いましょう。
また、面接時の服装も社会人としてのマナーを計るうえで重要な要素です。新卒者と同じリクルートスーツでも問題はありませんが、TPOにあわせたビジネススーツを着用することで新卒とは一味違う、社会人としての経験をアピールすることもできます。
もちろん「一緒に働きたい」と思わせる清潔感や明るい雰囲気は、第二新卒の面接でも重要なポイントであることに変わりありません。

社会人経験を最大限に活用

これからの長いキャリアに比べれば、第二新卒の社会人経験はほんのわずかにすぎません。しかしその経験は、新卒のときに抱いていた考え方や価値観を大きく変える貴重な経験となっているはずです。第二新卒の面接には、社会人としての経験を最大限に活用して臨みましょう。


関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、20…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る