第一印象を掴む!就活の面接は自己紹介でアピールしよう

%e7%ac%ac%e4%b8%80%e5%8d%b0%e8%b1%a1%e3%82%92%e6%8e%b4%e3%82%80%ef%bc%81%e5%b0%b1%e6%b4%bb%e3%81%ae%e9%9d%a2%e6%8e%a5%e3%81%af%e8%87%aa%e5%b7%b1%e7%b4%b9%e4%bb%8b%e3%81%a7%e3%82%a2%e3%83%94%e3%83%bc

企業面接において、自己紹介は面接官への第一印象を決定づける要素といっても過言ではありません。自己紹介は初めて面接官に対して自分の話をする機会であり、そのときどのような話し方や内容を話すかによって、相手に与える印象が大きく変わってくるのです。面接というのは、就活の集大成にもなる場面です。自己紹介はそんな面接における出鼻であるため、ここをしっかり成功させることで、面接そのものの成功にも近づくことができるのです。

事前の準備をしっかりと

面接における自己紹介は、だいたいが1分から3分程度しか時間を与えてもらえません。つまり非常に短い時間の中で話さなければならないということです。時間の制限があると、人によっては冷静さを失ってしまい、話し方がしどろもどろになってしまうことも珍しくありません。そのため、自己紹介をするときは自分自身を落ち着けるということが第一です。そして冷静になって話すためには、あらかじめ話すべき内容を考え、しっかりと準備しておくことが欠かせません。短い時間で内容を簡潔に伝えることは、いきなりそれをやってみろといわれてもなかなかできないものです。普段から物事を簡潔に話すという練習をしておくことで、いざ就活の面接でそういう場面に出くわしたときでも、焦らずに対処することができるようになります。

目次へ

自己紹介に含めたい内容

%e7%ac%ac%e4%b8%80%e5%8d%b0%e8%b1%a1%e3%82%92%e6%8e%b4%e3%82%80%ef%bc%81%e5%b0%b1%e6%b4%bb%e3%81%ae%e9%9d%a2%e6%8e%a5%e3%81%af%e8%87%aa%e5%b7%b1%e7%b4%b9%e4%bb%8b%e3%81%a7%e3%82%a2%e3%83%94%e3%83%bc

面接の自己紹介においては、話す時間が短いために内容も限られてきます。そのため話す内容は厳選しなければなりません。自分の名前や出身校、あるいは主な専門分野については当然のごとく含めなければなりませんが、それ以外で大切なことといえばやはり長所となることです。自分の長所を述べ、かつその長所が就職しようとしている会社にどのように活かせるのか、自己紹介ではそのあたりを焦点に話すと良いでしょう。自己紹介というのは面接官の心を掴むためのポイントです。自分の長所は会社に対する大きなアピールになり、しかもその長所がどう活かせるかということは、会社に対する熱意や意欲を表明することにもなります。短い自己紹介の中では、特に長所の表明に力をいれると良いでしょう。

目次へ

ゆっくりとした話し方を身につけよう

1分間とか3分間などといった短い時間で話さなければならない自己紹介は、物事を簡潔に伝えなければならないと思う結果、どうしても早口になってしまいがちです。しかし、早口で話すとなると、話の内容が聞き取りづらく、悪くすると相手に良くない印象を与えてしまうことにもなりかねません。自己紹介が1分や3分という短い時間に設定されているのは、就活生がいかに短い時間で話を簡潔にまとめ、それをわかりやすく伝えることができるかどうかを見るためです。そのためにも、話の内容をできるだけコンパクトにまとめ、それを正確にはっきりと伝えられなければなりません。ゆっくりとした話し方を身につけて、面接官にわかりやすく内容を伝えられるようにしておきましょう。

目次へ

詰め込みすぎに注意

%e7%ac%ac%e4%b8%80%e5%8d%b0%e8%b1%a1%e3%82%92%e6%8e%b4%e3%82%80%ef%bc%81%e5%b0%b1%e6%b4%bb%e3%81%ae%e9%9d%a2%e6%8e%a5%e3%81%af%e8%87%aa%e5%b7%b1%e7%b4%b9%e4%bb%8b%e3%81%a7%e3%82%a2%e3%83%94%e3%83%bc

自己紹介でアピールしようと考えると、あれもこれも内容に含めようとして、結局話したいことがまとまらなくなってしまいます。特に1分間の自己紹介の場合は、少しあっさりした印象の内容でも構いません。そもそも1分間という自己紹介ですべてを伝えることには限界があります。もちろん、自己紹介は第一印象を良くするために重要な過程ですが、本当にいいたいことはその後の質問時間などにとっておくようにしましょう。自己紹介ではまず内容を簡潔に短くまとめて伝えるということが大切なので、内容の詰め込みすぎにくれぐれも注意して自分自身を紹介することを心がけましょう。

目次へ

自己紹介の基本を確認

自己紹介では基本となる点が二つあります。一つは大きな声ではっきりと伝えること、もう一つは挨拶を忘れないということです。まずはこの二点に気をつけて、自己紹介の話し方や内容を考えてみると良いでしょう。

就活で成功したい学生はジョブコミットへ!

目次へ

就活生に人気の記事!

「長所は明るい性格です」!どう語る?自己PR

難関企業から内定を取りまくった人に共通点とは?

「挨拶ができる」は立派な自己PR!

性格の穏やかさを自己PRとして伝える方法

最終面接・役員面接の対策方法、心構えとは?

会社説明会の案内に対する返信メールのマナー


image4493

就活イベントに参加してみる!

関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、2016年8月1日時点で「内…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…
最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る