就活における面接の流れとポイント

%e5%b0%b1%e6%b4%bb%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%91%e3%82%8b%e9%9d%a2%e6%8e%a5%e3%81%ae%e6%b5%81%e3%82%8c%e3%81%a8%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88_01

就活は、応募先の企業研究や強み弱みなどの自己分析、エントリーシートなどに取り組む必要があります。しかし、就活の仕上げはなんといっても面接です。面接をクリアしないかぎり就職を実現することはできません。面接には質疑応答対策も重要ですが、その前に、就活における面接の流れを知っておくことも大切です。面接の流れを知っておくことで、当日落ち着いて面接を受けることができ、質疑応答時に実力を発揮できることにつながるでしょう。

受付と待合室でのポイント

面接は、受付に到着するときから始まっています。指定時間の20分から30分前には到着するように心がけるべきでしょう。早く到着しておけば冷静に面接を受けることができます。受付では、明るくはっきりと所属と名前、指定時間とともに面接を受けるために来たことを告げます。その後、受付の指示に従って待合室に移動します。待合室では、私語は控えることに気をつけましょう。待合室での過ごし方が観察されているケースもあります。他の面接を受けにきた人との情報交換をすると自分の考えが混乱する可能性がありますので、あまり話をしないこともポイントです。面接予定時間が過ぎても焦らずに平常心を保つように心がけましょう。

面接会場への入室のポイント

%e5%b0%b1%e6%b4%bb%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%91%e3%82%8b%e9%9d%a2%e6%8e%a5%e3%81%ae%e6%b5%81%e3%82%8c%e3%81%a8%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88_02

控室で名前を呼ばれたら、はっきりと返事をして面接室のドアの前まで行き、軽く2度ノックします。入室を促されてから入ります。入る時は、まずドアを半開きにして「失礼します」と断り、入室してドアを閉めます。このタイミングで面接官に向き直り、「よろしくお願い致します」と言って45度の礼をします。その後、イスまで移動し、イスの横に立ち、所属と名前を言って自己紹介します。その時に再度45度の礼をします。着席を促されたら軽く礼をして着席します。イスには浅すぎず深すぎず半分ぐらいのところに腰掛けます。男性は両手を軽く握り膝の上、女性は両手を重ねて膝の中央に置きます。これで面接準備が完了です。

面接中のポイント

面接中は、姿勢が大切です。背筋を伸ばして姿勢よくするように心がけましょう。慣れないとアゴがあがってしまいますので、アゴを引くようにすると姿勢よく見えるようになります。面接中は、質問を聴くときや話をするときは面接官の目を見るようにします。複数の面接官がいる場合は、質問した面接官の方を向いて話をすることもポイントです。質問に対する回答が終わったときは「以上です」と言うことも大切です。回答内容が志望動機や希望職種に関わるものだった場合は、以上ですと言ったあとに「よろしくお願い致します」という言葉を添えるとよいでしょう。面接官が話をしている間は、相槌を打つなど、話を聞いている姿勢を見せるようにします。

面接終了時のポイント

%e5%b0%b1%e6%b4%bb%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%91%e3%82%8b%e9%9d%a2%e6%8e%a5%e3%81%ae%e6%b5%81%e3%82%8c%e3%81%a8%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88_03

面接の質疑応答が終わり「以上で面接を終わります」と言われるとホッとして気が抜ける可能性がありますが、まだ油断は禁物です。まず、イスに座った状態で「本日はありがとうございました」と礼をします。その後、イスから立ち面接官の目を見て、再度30度の礼をします。そして出口のドアまで行き面接官に向き直り、「失礼いたしました」と最敬礼をします。ドアを開けて退出する際にも会釈をしてドアを閉めます。バタンと音がしないように静かに閉めましょう。面接した企業を後にするときには、受付に礼をして出ることも忘れないようにします。以上が面接の流れです。礼をするタイミングなどについては、事前におさらいして当日あわてることがないようにしておくことがポイントです。

面接を突破して目指す企業に就職を

目指す企業に就職するためには面接を突破する必要があります。そのためには、面接での受け答えが重要になります。その面接での受け答えに集中し面接を成功されるポイントの1つは、面接の流れをしっかりおさえておくことです。ジョブコミットを活用するなどして面接について万全の対策をしておきましょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る